観戦記ネット掲示板(よゐこ一般常識掲示板) lastpost : 2017/10/19 12:18:06 品川@主宰 , Visitor 501905
[HOMEへ][掲示板の使い方][全文検索][記事削除][管理用]

ご感想・ご意見・ご提案等自由にお書きください
おなまえ   メール     Refresh
題  名   削除キー (英数字8以内)
記  事

タグ不可です

文字色 色一覧
 
View Mode : Normal mode / DynamicHTML mode/ Thread view / レスの付いた記事は上に移動されます



[2643]革マル系でしょ?? なぜに評価する?? 赤旗よりヤバいのはこっち系だろ? 騙されるか騙されないかはあなた次第  From: 品川@主宰  on 2017/10/16 11:38:31  
立憲民主党・枝野幸男代表が歌う『欅坂46』を聞いた辻元清美が語る「見かけによらず気遣いの人です」

10月7日、立憲民主党の代表・枝野幸男氏が街頭演説を大阪市で行なった。JR京橋駅前には数百人が集まり、熱気ムンムン。15時過ぎに枝野氏が登場してマイクを握ると、大きな拍手とともに「枝野」コールが湧き起こった――。

20年来の盟友でもある、辻元清美氏が語る枝野氏という男とは?

9月30日、小池百合子都知事は大村秀章愛知県知事、松井一郎大阪府知事(日本維新の会代表)と大阪市内で共同記者会見を開き、希望と維新の選挙協力を発表。その結果、大阪の民進党候補が希望から立候補する道が閉ざされてしまった。

このときに途方に暮れていたのが、辻元氏(大阪10区)だ。彼女は民進党に残ったリベラル派の同僚と一緒に、枝野氏に新党結成を直訴。それが立憲民主党結党のきっかけになった。

「枝野さんとは20年来の親友。NPO法も一緒につくりましたし、テレビの討論番組にそろって出演したことも何回もあります」(辻元氏)

辻元氏は枝野氏のことを「仲間思いだ」と評する。彼女が今も覚えているのが02年に秘書給与流用事件で議員辞職に追い込まれたときのことだ。

「私は失意のさなかにあったのですが、それを見た枝野さんから『一緒に食事しよう』と誘われました。世間の風当たりが強かった時期だけに、私と食事を同席することで、批判を浴びるリスクがあったのですが、枝野さんは一切気にしていなかった。見かけによらず、気遣いの人です」

続けて辻元氏は枝野氏とカラオケに行ったエピソードを明かしてくれた。

「7月、蓮舫さんが民進党の代表を辞任したとき、私は枝野さんに『カラオケに行こう』と誘われました。そしてカラオケボックスで、彼は『次の(民進党)代表選に立候補したい』と打ち明けたんです。でも、“密談”は以上。マイクを持った枝野さんは『欅坂46』の歌を熱唱し、そこからは完全にひとりカラオケです。私にマイクが回ってくることはありませんでした(笑)」


(品川@主宰)
韓国人フォロワー大量購入→立憲民主をフォローさせる→暴露して潰す これって違法?
「フォロワー数で立憲民主党を潰す方法」と題した匿名ブログが10月7日、公開された(12日に削除)。

このブログは「はてな匿名ダイアリー」に掲載されたもの。「憎き利権(原文ママ)民主党を潰したいあなたへ」という呼びかけから始まり、「フォロワーを買おう!」「フォロワー激増を訝しもう!」「外国人フォロワー 特に韓国人フォロワーが多いことをバラそう!」と、3段階に分けてその方法を説明していた。

立憲民主党がTwitterをスタートさせたところ、他の政党を抜く勢いでフォロワー数が急増。「フォロワーを購入しているのではないか」という噂がネット上で飛び交ったことに乗じ、わざと疑惑を深めて、立憲民主党の評判を落とそうとする行為とみられる。

具体的な方法としては、まず、外国人フォロワー(特に韓国人フォロワー)を100万人規模で購入し、立憲民主党のアカウントをフォローさせる。さらに、激増したフォロワーについての疑問の声をネットに書き込み、世論が盛り上がった段階で、フォロワーのほとんどが外国人であるという「事実」をネット上にばら撒くというものだ。「この時韓国人フォロワーが多いととても効果的!」「さあ、今月のお小遣いでLet’s愛国!」などと書かれていた。

そもそもTwitterのアカウントを購入することは、Twitterの規約に違反しており、禁止行為にあたるのだが、今回の呼びかけ通りに実行した場合、公職選挙法などの法律に違反する可能性はあるのか。深澤諭史弁護士に聞いた。

偽計業務妨害罪と名誉毀損罪の可能性

「前例があることではないため難しい問題ですが、いくつかの罪に該当する可能性はあります」。

深澤弁護士はそう指摘する。具体的にはどのような行為が、罪に当たるのだろうか。

「政党のフォロワーを大量購入して、『フォロワーが激増しているのは怪しい』などの疑問の声を広めて、不正行為の疑いをかけるといった行為です。

ブログでは『外国人フォロワーなら5万人が17000円で買える。100万人規模でフォロワーを購入してね』などとしています。そうしてフォロワーを増やしてから、『激増したフォロワーのほとんどが外国人であるという『事実』をネット上にばら撒こう』と訴えています。

これらのフォロワーは、適当に作成された架空のアカウントであり、実体がありません。したがって、この行為により、実際に増えたフォロワーのほとんどは外国人であるという事実がないにもかかわらず、そのような事実があると、虚偽の事実を公にすることになります。このような行為は、公選法235条2項の虚偽事項公表罪に当たる可能性があります。

外国人フォロワーが沢山いる、という話だけではなくて、さらに『フォロワーを大量購入している』という内容にまで及んだとすれば、この点についても、虚偽の事実を広めた、ということで同罪が成立する可能性があります。

さらに、政党は、有権者からの疑問に対応する、疑惑を払拭するための活動が必要になり、本来の選挙運動に差し支えが出る可能性もあります。そうすると,詐術によって選挙の妨害をしたということで、公選法225条2号の選挙の自由妨害罪に当たる可能性があります」

他には、どのような罪が可能性として考えられるのだろうか。

「フォロワーの多くが外国人である、あるいは、フォロワーを大量購入したという虚偽の事実を広めたということであれば、名誉権を侵害したということで、名誉毀損罪(刑法230条1項)にも該当する可能性があります。

さらに、そういった疑いをかけられた場合、政党はその疑いを晴らすための活動が必要になるでしょう。そのため、偽計により政党の活動という業務が妨害された、ということで偽計業務妨害罪(刑法233条)にも当たる可能性があります。

これらの罪の中で、今回のようなケースは、非常に判断が難しいのですが、偽計業務妨害罪と名誉毀損罪に該当する可能性が最も高いのではないかと考えられます」

今回のブログでは、こうした行為を呼びかけたわけだが、呼びかけること自体も、罪に当たるのだろうか。

「はい、呼びかけることにより、これを読んだ人が実際に行為に及んだ場合、犯罪をするようにそそのかしたということで、教唆犯、つまり共犯に問われる可能性があります。また、方法を詳しく解説した、ということであれば、手助けをしたということで幇助犯に問われる可能性もあるでしょう。

また、実際に行為に及ぶ者がいないとしても、選挙犯罪の扇動については、別に選挙犯罪の煽動罪(公選法234条)というものがあり、これに該当する可能性があります」
(2017/10/16 12:25:18)
(品川@主宰)
共産党と ここ はどっちが左でしょうか? (2017/10/18 11:54:00)
(ノリリン)
操り人形が歌うから、欅坂の不協和音は面白いって事はわかってないのか? (2017/10/18 13:00:11)
(よしみ。)
共産党は看板もカラーも変えない分通常通り狂ってる (2017/10/19 10:56:30)
(品川@主宰)
希望の民進組「小池離れ」…「排除の論理」反発

22日投開票の衆院選に臨む希望の党(代表・小池百合子東京都知事)の民進党出身者の一部で、「小池氏離れ」が進んでいる。

 小池氏が民進党合流組を受け入れる際、安全保障政策などの一致を求め、選別を進める「排除の論理」を明言したことへの反発が選挙戦でも尾を引いているためだ。

 民進党出身で希望から出馬した小川淳也前衆院議員(香川1区)は15日、高松市内で開かれた集会で、「排除の論理」発言について、「寛容さなくして国民がついてくるはずがない」と批判した。合流組に安全保障関連法の容認などを条件とした政策協定書への署名を迫ったことも「踏み絵に使うのは間違っている」と指摘した。

 小川氏は、合流を決めた民進党の前原代表の最側近だ。自らのホームページに「党が変わっても、小川は変わらない」と記し、支援者たちに理解を求めた。

 小池氏は公示後、自らの「排除の論理」発言について、「きつい言葉だった。政策の一致ということを申し上げたかった」などと釈明した。しかし、民進党関係者は「『小池人気』はあの発言で失速した。従来の民進党支持層の多くは希望から離れた」と打ち明ける。

 こうした情勢からか、党ではなく自分を押し出す選挙戦を進める候補者も目立つ。柚木道義前衆院議員(岡山4区)は選挙区で「安倍9条改憲は危険!」などと主張するビラを配布。15日のフェイスブックでは「『柚木党で応援しとるよ!』を信じて闘い抜く」と記した
(2017/10/19 11:06:05)
(品川@主宰)
文化放送「斉藤一美ニュースワイド SAKIDORI!」に出演した田中真紀子氏

田中真紀子元外相(73)が18日、文化放送「斉藤一美ニュースワイド SAKIDORI!」に出演し、自公圧勝の見通しが伝えられる選挙情勢について「自民党の人たちは安倍さんを黙認してきた。仮面をはがせば全部安倍さんですよ。当選させてはならない。国民にしっぺ返しが来ますよ」と警鐘を鳴らした。

新党を立ち上げた希望の党の小池百合子代表については、「情報をこざかしく頭に入れ、断片的につなぐのは上手。何かというと『選挙の結果見てからね。うっふん』。気持ち悪い」とバッサリ。希望の党への合流を決めた民進党前原誠司代表については「野党の安倍晋三と言われてきたが、大きく違うのは政治センスのなさ。いい人だけに残念」と話した。

一方、立憲民主党を立ち上げた枝野幸男代表については「立派。法に従って政治を進める。一番やってないのが安倍さんですから。もう、ぜひ勝ってほしい」と応援した。

選挙前、民進党や自民党など「あらゆる政党から」(田中氏)出馬要請があったが、今回は出馬しなかった。田中氏の息子や娘にも打診があったという。田中氏は「こんな濁流のような政治状態では」と説明。今後の出馬や新党立ち上げの可能性については「知らない、知らない」と、笑顔でけむに巻いてみせた。
(2017/10/19 12:18:06)
お名前
KEY

[2654]決めてない奴 そろそろ決めろよ!! 選挙公報に騙されるな この板で確認を 不在者投票してきます・・・期日前というのか  From: 品川@主宰  on 2017/10/18 11:13:28  
小池流「ワイドショー政治」はもうウンザリです

 「劇場型政治はもうたくさんだ」と、多くの有権者は感じているにちがいない。

 9月最後の1週間、政界の「台風の目」となった「希望の党」はその翌週、公示前には失速した。だが、本来保守政党である自民党がその党運営のあり方を根本的に見直さなければ、小池百合子氏から離れた票の「受け皿」にはなりえないのではないか。その象徴的な例が自民党東京都連である。

 自民党東京都連は9月27日、「都連支部長・常任総務合同会議」で会長を鴨下一郎氏に決め、トップ以外の執行部4役は前体制を引き継いだ。7月の都議選で歴史的大敗を受けて辞意表明した下村博文・前会長の後任がようやく決まったことは前進ではある。しかし実質的には23日の幹部会で決めた内容の追認で、再び会長人事という最重要事項の決定が「密室」で行われるかたちになった。

 しかもこの決定までには、実に3カ月もの時間を要した。都連では初となる会長選を行う方針を打ち出したのは、都議選から2カ月近くも経った8月24日のことだ。

 さらに実施方法をめぐって@10万人近い党員による投票とするか、A国会議員や都議、区市町村議ら1000人規模で投票を行うかをめぐって綱引きとなり、後者に落ち着きかけたところで、解散総選挙が急浮上した。

 総選挙となればこれに向けた準備が第一となるのは当然で、その時点で、唯一手があがっていた鴨下氏に決まったこと自体は不合理なことではない。だがその結果として会長選は「幻」に終わり、都連が「脱ブラックボックス」をアピールして小池都政に対抗する最良の好機を逸した損失は小さくない。

 都民ファーストの会が半年間で4度も密室で代表を決めたことに意を強くしたのか、「向こうと同じ、ブラックボックス返しだ」(都連幹部)とうそぶいてみる声もあるが、こうした優先順位を履き違える鈍感さに自民党都連の病巣がある、と私は思う。

 この1年で、都議や都連の感覚が有権者から乖離(かいり)していたことにスポットライトがあてられたからこそ、都議選の壊滅的な選挙結果に至ったのではなかったのか。

このところ、都連を不透明と批判してきた小池氏自身が、不透明な決定を繰り返している。

 都議選直前の6月に唐突に公表した築地と豊洲の市場両立案は都庁官僚の誰とも討議した形跡はなく、毎日新聞の情報公開請求にも「記録なし」。小池氏自身も会見で「最後に決めたのは人工知能、つまり私」とはぐらかした。

 移転延期に伴う補償先や補償額を求めた筆者の情報公開請求に対しても黒塗りだったし、特別秘書の給与の情報公開請求も黒塗り。後者については非開示決定に対しジャーナリストから裁判を起こされそうになると、慌てて公開する始末だった。

 小池氏が強調する「情報公開は一丁目一番地」というキャッチフレーズは、あくまで権力奪取のための方便で、自らに刃が向かう情報については非公開という自己都合である。
 それでも小池氏の存在がここまでクローズアップされたのは、安倍自民党の森友・加計疑惑への反感から、有権者が投じる先を探し求めていたからだ。

 小池氏はこの1年、繰り返し敵対勢力の「失点」をテコに騒動を拡大させ、影響力はそのたびに高まった。都議会のドン、内田茂前都議に偏重した都連への「口撃」が喝采を浴びたのも、内田氏に依存した都連の不透明な決定プロセスという「つけ入る隙」があったからだ。

 その総括はどれだけ組織内でなされたのだろうか。強力なカリスマである内田氏が存在する間、「弱点」は知事選後も見直されずに2月の千代田区長選、7月の都議選と持ち越された。これらの選挙に連戦連敗し、内田氏が引退した今が変革の最大のチャンスである。

 会長選の方式をめぐる対立は、内田氏に近い丸川珠代前五輪相を推す萩生田光一党幹事長代行ら細田派系の旧執行部と、鴨下一郎氏を推す石破派系議員との間の主導権争いの側面が指摘されたが、果たしてそんなことをしている場合なのだろうか。

 「政権交代を目指す」としながら首相候補についてははぐらかし続けた小池氏は、選挙後、大連立をいとわぬ戦術を仕掛けるだろう。「疑心暗鬼」を抱かせ、存在感を大きく見せるテクニックだとの見方もある。

 有権者不在のこうした便法に軽々しく応じるような政党や政治家こそ、次の「ブラックボックス」になる。

 総選挙後、自民党東京都連が脱ブラックボックスの政治に意識的に取り組めば、小池都政への明確なアンチテーゼとなる。さもなくば、ブラックボックスの中心が「内田氏」から「小池氏」に移転しただけ。再びわかりにくい行政が、首都で繰り広げられることになるだろう。


(品川@主宰)
蓮舫氏「耳を疑った」 街頭演説で小池氏と前原氏を批判

民進党の蓮舫前代表は16日、横浜市中区であった立憲民主党公認候補者らの街頭演説会で、「『排除する』『想定内』。耳を疑いました」と述べた。民進出身議員を選別した希望の党と、その後の前原誠司代表の対応を批判したものだ。

 民進出身議員について、希望の党代表の小池百合子・東京都知事は「全員を受け入れることはさらさらない」と発言。反発した議員らが合流見送りなどを決めると、前原氏は「すべて想定内」と語った。

 この日の演説で、蓮舫氏は「私は今なお参院民進党の国会議員。信頼できる方だけを応援する」と表明。そのうえで、「立憲民主と希望の候補が一緒に出ているところでは、立憲民主の候補者を応援したい」と述べた。街頭演説には立憲民主の枝野幸男代表も加わり、蓮舫氏と並んでマイクを握った。
(2017/10/18 11:24:44)
(品川@主宰)
演説、黙って聞くべき? ヤジは意思表示か選挙妨害か

街頭演説にヤジはつきものかと思いきや、最近は「選挙妨害だ」と弁士たちが反応する場面が目立つ。街頭演説は黙って聞くべきなのか? 演説中に聴衆が意思を示すのはダメなのか。街頭演説の「作法」とは――。

「わかったから、黙っておれ!」

 14日、大阪府守口市での街頭演説で、二階俊博・自民党幹事長のこんな声が響いた。演説中、聴衆から「消費税を上げるな」との声が上がり、その後もヤジがやまなかったためだ。

 安倍晋三当たったのは、7月の東京・秋葉原で安倍首相が発した言葉がきっかけだ。東京都議選の応援演説中に、首相に対する「帰れ」「やめろ」のコールが起こり、首相は「こんな人たちに負けるわけにはいかない」と返した。

 菅義偉官房長官は記者会見で「妨害的行為があった」と述べたが、小林良彰・慶大教授(政治学)は、「公選法に明確な基準がない以上、マイクを取り上げるなど物理的行為がなければ、選挙妨害とまでは言えないのではないか」とみる。一方で、「聴衆が演説内容を聞くことができなければ、選挙妨害に該当する可能性が高い」(岩渕美克・日大教授=選挙研究)との見方もある。

 演説中のヤジは昔からある。NHKの映像によると、1960年に浅沼稲次郎・社会党委員長が刺殺された演説会には、右翼団体が入りこみ「演説が聞き取れないほど」のヤジを飛ばしていた。古くは明治時代の自由民権運動の際、「各地の演説会では、ヤジや投石が行われ」(高知県宿毛市史)との記録がある。

■演説聞きたい人の権利は?

 とはいえ、政治コミュニケーション論が専門の逢坂巌・駒沢大准教授は「演説を聞きたい人の権利はどうなるのか」と指摘する。「話が聞き取れなくなるほどの集団的なヤジやコールは、演説を静穏に聞く権利をふみにじる」と批判。逢坂さんは秋葉原で首相の演説を聞こうと最前列に陣取っていたが、首相に抗議する人たちが来て、その場からはじき出されたという。

 数多くの選挙に立候補し、街頭で多くのヤジを浴びてきたマック赤坂さんも「秋葉原のようなコールは絶対にダメだ。民主主義の否定になる」。一方で、マックさん自身、小池百合子都知事や橋下徹・前大阪市長の街頭演説会場で声を上げたことがあるが、「私は相手が話している最中は絶対に声は上げない」。司会者が演説者にマイクを渡す合間などを狙って声を出すのだという。「民主主義は言論で成り立つ。演説を集団で邪魔するのは相手がマックだろうが、首相だろうが控えるべきだ」と話す。

■「対応、政治家判断の材料に」

 声を上げる側はどう思うのか。さいたま市の武内暁さん(69)は「有権者の意思を表すのがどうして演説の妨害なんですか?」。秋葉原での首相の演説に友人と駆けつけた。過去には野党候補者の演説を「しっかりやれ!」と叱咤(しった)したこともある。最近の国会答弁を見て、議論が成り立っていないと感じた。「ならば、直接民主主義の手法で、主権者が声で権利を行使する場所があっていい。演説を聞いて欲しいなら『聞いてくれ』と言えばいい。それが対話だ。なのに、首相は『こんな人たち』と正反対の発言をした。私たちが声を上げざるをえない現状が見事に表れていた」

 秋葉原で首相に「こんな人たち」と指されたC.R.A.C.(対レイシスト行動集団)の野間易通さん(51)も「そもそも街頭は異論が混じり合う場所。どう対応するかも含めて政治であり、政治家を判断する材料になるはずだ」という。

 例えば、オバマ前米大統領は在任中の16年11月、大統領選の民主党候補クリントン氏の集会で、共和党のトランプ氏支持者が演説を邪魔して場内が騒然とした際、自らへのヤジやコールではなかったが、「みんな静かに。私は真剣だ」「ブーイングをやめよう、投票しよう」と呼びかけた。

圧倒的権力者へ向けた市民の肉声

 さらに野間さんは、「市民が圧倒的な力を持つ権力者に向かって肉声で叫んでいるのに、『静かに聞くべきだ』なんて学校的道徳を持ち出してなぜ断罪できるのか」とも提起する。街頭での政治活動を取材してきたフリーライターの岩本太郎さんは「政治家に力量があれば、ヤジやコールを無力化することもできる。抗議する人たちも批判されるリスクを負って活動している」とした上で、「いまの世の中は、すぐに標準的な価値基準を求め、善悪の裁定をする傾向がある。だが、秋葉原のような『事件』を繰り返しながら、なんとなく答えが定まっていくのが社会というもので、答えも一つではない。演説の聞き方に善悪の線引きができると考えること自体、怖いことだと思う」と話す
首相もあちこちでヤジを浴びる。15日の札幌市の街頭演説では「辞めろ」「給料減ったぞ」「安倍内閣は金持ちの味方だ」といったヤジが飛んだ。演説中に「やめろ!」というプラカードが掲げられる一方、逆に聴衆から「静かにしろ」などの声が上がることもある。

 演説中のヤジやコールに焦点が当たったのは、7月の東京・秋葉原で安倍首相が発した言葉がきっかけだ。東京都議選の応援演説中に、首相に対する「帰れ」「やめろ」のコールが起こり、首相は「こんな人たちに負けるわけにはいかない」と返した。

 菅義偉官房長官は記者会見で「妨害的行為があった」と述べたが、小林良彰・慶大教授(政治学)は、「公選法に明確な基準がない以上、マイクを取り上げるなど物理的行為がなければ、選挙妨害とまでは言えないのではないか」とみる。一方で、「聴衆が演説内容を聞くことができなければ、選挙妨害に該当する可能性が高い」(岩渕美克・日大教授=選挙研究)との見方もある。

 演説中のヤジは昔からある。NHKの映像によると、1960年に浅沼稲次郎・社会党委員長が刺殺された演説会には、右翼団体が入りこみ「演説が聞き取れないほど」のヤジを飛ばしていた。古くは明治時代の自由民権運動の際、「各地の演説会では、ヤジや投石が行われ」(高知県宿毛市史)との記録がある。

演説聞きたい人の権利は?

 とはいえ、政治コミュニケーション論が専門の逢坂巌・駒沢大准教授は「演説を聞きたい人の権利はどうなるのか」と指摘する。「話が聞き取れなくなるほどの集団的なヤジやコールは、演説を静穏に聞く権利をふみにじる」と批判。逢坂さんは秋葉原で首相の演説を聞こうと最前列に陣取っていたが、首相に抗議する人たちが来て、その場からはじき出されたという。

 数多くの選挙に立候補し、街頭で多くのヤジを浴びてきたマック赤坂さんも「秋葉原のようなコールは絶対にダメだ。民主主義の否定になる」。一方で、マックさん自身、小池百合子都知事や橋下徹・前大阪市長の街頭演説会場で声を上げたことがあるが、「私は相手が話している最中は絶対に声は上げない」。司会者が演説者にマイクを渡す合間などを狙って声を出すのだという。「民主主義は言論で成り立つ。演説を集団で邪魔するのは相手がマックだろうが、首相だろうが控えるべきだ」と話す。

「対応、政治家判断の材料に」

 声を上げる側はどう思うのか。さいたま市の武内暁さん(69)は「有権者の意思を表すのがどうして演説の妨害なんですか?」。秋葉原での首相の演説に友人と駆けつけた。過去には野党候補者の演説を「しっかりやれ!」と叱咤(しった)したこともある。最近の国会答弁を見て、議論が成り立っていないと感じた。「ならば、直接民主主義の手法で、主権者が声で権利を行使する場所があっていい。演説を聞いて欲しいなら『聞いてくれ』と言えばいい。それが対話だ。なのに、首相は『こんな人たち』と正反対の発言をした。私たちが声を上げざるをえない現状が見事に表れていた」

 秋葉原で首相に「こんな人たち」と指されたC.R.A.C.(対レイシスト行動集団)の野間易通さん(51)も「そもそも街頭は異論が混じり合う場所。どう対応するかも含めて政治であり、政治家を判断する材料になるはずだ」という。

 例えば、オバマ前米大統領は在任中の16年11月、大統領選の民主党候補クリントン氏の集会で、共和党のトランプ氏支持者が演説を邪魔して場内が騒然とした際、自らへのヤジやコールではなかったが、「みんな静かに。私は真剣だ」「ブーイングをやめよう、投票しよう」と呼びかけた。

圧倒的権力者へ向けた市民の肉声

 さらに野間さんは、「市民が圧倒的な力を持つ権力者に向かって肉声で叫んでいるのに、『静かに聞くべきだ』なんて学校的道徳を持ち出してなぜ断罪できるのか」とも提起する。街頭での政治活動を取材してきたフリーライターの岩本太郎さんは「政治家に力量があれば、ヤジやコールを無力化することもできる。抗議する人たちも批判されるリスクを負って活動している」とした上で、「いまの世の中は、すぐに標準的な価値基準を求め、善悪の裁定をする傾向がある。だが、秋葉原のような『事件』を繰り返しながら、なんとなく答えが定まっていくのが社会というもので、答えも一つではない。演説の聞き方に善悪の線引きができると考えること自体、怖いことだと思う」と話す
(2017/10/18 11:26:30)
(よしみ。)
先週末に行ったよ!NHKが調査してたけど断って来た。 (2017/10/18 11:53:59)
(品川@主宰)
野党第1党うかがう立憲・枝野氏に挑む自民、希望−埼玉15区

衆院埼玉5区では、今回の衆院選を象徴する3極の激しい選挙戦が繰り広げられている。選挙直前に新党・立憲民主党を立ち上げ、9選を目指す枝野幸男代表(53)に自民党前職(比例復活)の牧原秀樹氏(46)、希望の党新人の高木秀文氏(44)が挑む構図。候補者らは最後の追い込みをかけている。
  
  「無所属なら私は今頃大宮でマイクを握っている」−。枝野氏は14日、選挙区を離れ都内で街頭演説を行った。党代表として全国を駆け回り、地元入りする時間はほとんどない。

 新党結成の理由について「選択肢がない、このままでは困るという声をたくさんもらった」と語る。アベノミクスは「上からの経済政策」だとして、「下からの経済再生」が必要だと強調する。枝野氏が「本当の民主主義をこの国に作り上げたい」と力を込めると、集まった有権者からは歓声が上がり、「枝野コール」も響いた。

  枝野氏は「これだけたくさんの反応を頂いていることに最初戸惑っていた」と演説後、記者団に語った。同党の候補者は「当初メディアが想定していたよりもきちっと戦えていると思う」と手応えをにじませ、小選挙区で自民候補に勝つことが「自公政権の議席を減らす事だと思って頑張る」と意気込む。

  NHKが16日に報じた世論調査では自民党の政党支持率が32.8%と優勢な中、立憲民主党の支持率が6.6%と希望の党の5.4%を抑えて野党のトップに躍り出た。

衆院選の各党党首による政策論争に関する記事はこちら

自民は枝野氏「ヒーロー」化に危機感

  自民の牧原氏は、過去4回の選挙でいずれも枝野氏に小選挙区で敗れている。ブルームバーグの取材に対し、地域住民らとのつながりは「私の方が深い」と自信を見せる一方、連日メディアに登場するライバルの存在に「テレビでヒーローになっている」と危機感を示した。

仮に全国の自民の候補者に戦いたくない相手を聞けば、「全員が枝野さんと答えるのではないか」と漏らす。共産党が公認候補を降ろして枝野氏支援に回ったことも選挙戦の厳しさが増す要因として「一番大きい」と言う。

  JR大宮駅前には岸田文雄政調会長が16日、応援に入り、「まさに選挙の争点の縮図みたいな選挙区で頑張っている」と街頭で激励した。牧原氏も新党結成や野党再編の慌ただしい動きを捉えて「信用ならない」と語り、安倍政権の約5年間に及ぶ外交や経済政策の実績を訴えた。公示日の小泉進次郎筆頭副幹事長を皮切りに、菅義偉官房長官も駆けつけ、自民は総力戦で臨んでいる。

希望は他候補意識する「余裕もない」

  希望の高木氏は16日、帰宅客らでにぎわう同駅前で小池百合子代表と並んで写る選挙用ビラを自ら配布し、支援を呼びかけた。枝野、牧原両氏と同じ弁護士出身で、3日に党の公認を受けて慌ただしく公示日を迎えた。

 街頭では、報道各社の世論調査で与党優勢が伝えられていることを受け「今のままでは安倍政権がこのまま続く、果たしてそれでいいのか」と訴える。外交安全保障では「現実的な対応」をとる一方、「しがらみ政治をリセットして大胆に改革する」と党の掲げる政策を繰り返し語ることで支持拡大を狙う。

  高木氏は、公認から公示までの準備期間が「新人としては短いと感じた」ものの、「決められた期間の中でベストを尽くす」と話した。残りの選挙戦も「党の政策をいかに理解してもらうか」に力を入れ、地道な活動を続けるという。他候補の動向については「意識している余裕もないので、がむしゃらにやっていくしかない」と語った。

  さいたま市に住むパート、酒井キミ子さん(70)は以前の選挙では枝野氏を街頭でよく見かけたと言うが「今回は会っていない、埼玉では見ていない」とこれまでとの違いを語る。選挙直前にできた二つの新党については「よく分からない」と首をかしげた。会社員の泉山浩さん(49)は「投票しても変わらないから最近は全然選挙に行かなかった」と話すが、野党の急な動きを見て「興味が湧いた」と語った
(2017/10/19 11:22:23)
(品川@主宰)
首相「まっとう」小池氏「国難」…各党批判合戦

今回の衆院選で、与野党党首が他党のキャッチフレーズなどを逆手に取った批判合戦を繰り広げている。

 立憲民主党が掲げる「まっとうな政治」や希望の党の「日本に希望を」、安倍首相(自民党総裁)が言及した「国難」が他党の演説にたびたび登場し、舌戦は激しさを増している。

 「働きたい人が働くことができる。これこそが『希望』ある社会、『まっとう』な社会だ」

 首相は15日の札幌市での街頭演説で、希望の党名と立憲民主のキャッチフレーズを当てこすった。序盤は「希望」を強調していたが、報道各社の情勢調査で立憲民主の躍進が伝えられると、「まっとう」も多用するようになった。

 「まっとうな政治」は、自民党が政権を奪還した2012年の衆院選で、首相が民主党政権批判に使った言葉だ。今回は、立憲民主党が反撃に使っている格好で、立憲民主の枝野代表は17日の東京都内での演説で、「暮らしに寄り添ったことに高い優先順位を付けることが『まっとうな政治』だ」と主張した。

 「希望」も他党の演説でよく使われており、公明党の山口代表は13日、「どういう道に進むか選挙結果を見て考える無責任な政党が『希望』になるはずがない」と批判した。

 首相が解散にあたり、北朝鮮の挑発行為や少子高齢化を「国難」と呼んだことについては、希望の小池代表が18日、さいたま市での街頭演説で「(安倍首相の)1強政治が続く国難の方が危ないのではないか」と語った。共産党の志位委員長は17日の街頭演説で、「安倍さんが居座ることが日本にとって最大の国難」と訴えた。

 日本維新の会の松井代表は「共産党は『安倍さんを退陣に追い込む』と言っているが、大阪(府議会など)では自民党とチームを組んでいる」と批判している。
(2017/10/19 11:29:36)
(品川@主宰)
憲法9条に戦争を抑止する“般若心経”のような効力があるという発想は、どこからやってきたのか
------------------------
モーニングショーの超ダブルスタンダード偏向報道

安倍首相の秋葉原都議選応援演説に対する組織的妨害を言論の自由を根拠に強く肯定したモーニングショー玉川徹氏と羽鳥慎一氏が、前原誠司氏の演説に対する小さな野次に対しては組織的動員と認定して明確に批判しました。理不尽過ぎて悲しいです。
(2017/10/19 12:05:20)
(品川@主宰)
7月に秋葉原で東京都議選の応援演説をしていた安倍首相に対して「安倍やめろ!」「安倍やめろ!」連呼を大合唱した連中も、10月4日に京都市で民進党代表の前原誠司に対して「帰れー!」「帰れー!」を連呼していた連中も、両方共にパヨク(民進党や共産党などを支持する左翼)だ!

前原誠司に対する「帰れー!」「帰れー!」連呼について玉川徹は「組織動員して選挙を妨害しようなんて論外ですよ。こんなのはナシです。」と言い、羽鳥慎一も「通りかかった人が帰れと言うとはちょっと思えない。なにか一種の…動員かわかりませんけど、…」などと言ったが、比較すると7月の安倍首相への「安倍やめろ!」「安倍やめろ!」連呼の大合唱の方が遥かに組織的に動員されて行われていたことは明白だ!

それにもかかわらず、7月には玉川徹も羽鳥慎一も組織的な動員による「安倍やめろ!」連呼の大合唱については全く批判しなかった!

それどころか、組織的な動員による「安倍やめろ!」連呼の大合唱に対して「こんな人たちに負けるわけにはいかないんです」と反論した安倍首相に対して批判的なコメントをしていた。

ところが、比較すれば遥かに自然発生的に起こった10月4日の前原誠司に対する「帰れー!」「帰れー!」連呼については、「組織動員して選挙を妨害しようなんて論外ですよ。こんなのはナシです。」、「通りかかった人が帰れと言うとはちょっと思えない。なにか一種の…動員かわかりませんけど、…」などと批判したのだから
(2017/10/19 12:06:35)
(品川@主宰)
公職選挙法 第十六章 罰則(多衆の選挙妨害罪)第 230 条

多衆集合して第二百二十五条第一号又は前条の罪を犯した者は、次の区別に従つて処断する。選挙に関し、多衆集合して、交通若しくは集会の便を妨げ、又は演説を妨害した者も、同様とする。

一 首謀者は、一年以上七年以下の懲役又は禁錮に処する。

二 他人を指揮し又は他人に率先して勢を助けた者は、六月以上五年以下の懲役又は禁錮に処する。

三 付和随行した者は、二十万円以下の罰金又は科料に処する。
2 前項の罪を犯すため多衆集合し当該公務員から解散の命令を受けることが三回以上に及んでもなお解散しないときは、首謀者は、二年以下の禁錮に処し、その他の者は、二十万円以下の罰金又は科料に処する。
(2017/10/19 12:07:19)
(品川@主宰)
比例投票先 10代20代 自民41% 希望13% 立憲6% 一方60代は自民27% 立憲20% 希望10%
年齢別にみると、18〜29歳では41%が自民と答え、希望13%、立憲6%を上回った。一方、60代では自民27%、立憲20%、希望10%と、立憲の支持が比較的高
(2017/10/19 12:10:54)
お名前
KEY

[2664]何が問題なんでしょうねぇ  From: 品川@主宰  on 2017/10/19 12:03:02  
経済同友会代表幹事「日本のものづくりの評価、音を立てて崩れつつある」 日産、神鋼不祥事で

日産自動車や神戸製鋼所などで相次いでいる不祥事について、経済同友会の小林代表幹事は18日の記者会見で、「日本のものづくりの評価が崩れた」と述べて、強く批判しました。

この中で小林代表幹事は、日産自動車や神戸製鋼所などの不祥事について、「日本のものづくりは、高品質や安全安心によって世界で評価されてきたが、音を立てて崩れつつある。トップを含めた組織全体の法令順守に対する姿勢が理解できない」と述べて、強く批判しました。

そのうえで小林代表幹事は「ブランドを築くのには何十年もかかるが、失うのは一瞬だ。信頼回復は簡単ではないが、各企業が変革を見える形で社会に表明していく以外に手はないと思う」と述べました。
お名前
KEY

[2661]いやなら 応募しなけりゃいいのに ボランティアだもん タダ働きの募集だもん 頭悪い奴多いなぁ   From: 品川@主宰  on 2017/10/19 11:02:15  
東京五輪で薬剤師が「奴隷のような扱い」? 組織委に「募集要項」の話を聞くと...

「薬剤師が奴隷のような扱いをされるのを見過ごせない」。そう書いた大阪府在住の薬剤師のブログが注目を集めている。2020年の東京オリンピック・パラリンピックのボランティア募集要項に関する話だ。

10日間以上勤務するという内容で、英語で服薬指導ができるスポーツファーマシストの資格が必要、という条件なのに報酬や交通費の支給はなく、宿泊施設の用意も無いのだという。ネット上では「ちゃんと報酬出してやれ!」「これが正当化されるのは労働者として迷惑だ!」などといった批判が噴出した。

ネットには「経費を浮かす為と認識しているとしか思えない」との指摘も

大阪府薬剤師会からオリンピックのボランティア募集が来た「ブラック企業?!」と始まるブログは2017年9月17日に書かれたもので、ネット上では10月10日頃から話題になり騒動化した。募集要項書類の写真が添付されていて、そこには東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会(TOCOG)から依頼が来たと書かれている。作業をする場所は選手村総合診療所で、20年7月8日から9月9日までの間で10日間程度勤務が可能であること。診療時間は16時間で救急サービスは24時間。これを3交代制で行う。英語で服薬指導ができるほか、アンチ・ドーピング機構から認定されるスポーツファーマシストの資格が必要だ。こうした相当の技能を求めているのに対し、ユニフォームは支給するが、報酬や交通費は払わない。宿泊施設の手配もない、と書かれている。これをブログで告発したスポーツファーマシストは、あまりの酷すぎる内容に絶句した、とし、

“「同じ薬剤師が奴隷のような扱いをされるのを黙って見過ごすわけにもいかず。。。と、いうところです」

と訴えた。

ネット上では、

“「頭沸いてるんかJOC」
「責任ある仕事を無償でやらせようとする精神が理解できない。巨額のオリンピック予算は全部利権に消えたのか?」
「行政は明らかに、ワークショップやボランティアを有志の集まりではなく、経費を浮かす為の無償で働いてくれる便利な集まりって認識しているとしか思えない」

などといった批判が掲示板に書き込まれた。

“「ブログに記載されているものは、日本薬剤師会が調査のために依頼したものとうかがっております」

と回答した。「調査のため」というのはどういうことなのか。10月16日に日本薬剤師会に話を聞いたところ、まず、ボランティア募集の通達内容が分かりにくいものになっていて、誤解を生んでしまっている、と謝罪した。実は、ブログにアップされていた募集要項の用紙には「非公式調査」と印字しているのだという。

“「この条件ならどれくらいの数の方が手を上げるのか、を調査したものです。震災時はボランティアを募りますが、国レベルのスポーツイベントは経験がありませんでしたので」

と説明した。そのため募集要項の最後に、

“「ご協力いただけるとご回答いただいた方に、必ずしもボランティアをお願いするとは限りませんのでご了承ください」

という一文を載せたのだそうだ。オリンピックは3年後。実際の募集はずっと先の話であり、報酬などの条件はこのままになるのか、変更するかは何も決まっていないという。

しかしこの条件のままでボランティアは集まるのだろうか。ある大阪府の関係者はJ-CASTニュースの取材に対し、

“「薬剤師の方々はボランティアへの意識が高く、震災が起きると無償で真っ先に駆け付けることで知られています。オリンピックの募集要項に変更は無くても、かなりの方が『やらせてほしい』と手を上げると思います」

と語っていた。
----------------
人件費カットを目指す希望の党代表小池都知事の要求!!

ネットには「経費を浮かす為と認識しているとしか思えない」との指摘も

「薬剤師が奴隷のような扱いをされるのを見過ごせない」。
そう書いた大阪府在住の薬剤師のブログが注目を集めている。
2020年の東京オリンピック・パラリンピックのボランティア募集要項に関する話だ。

作業をする場所は選手村総合診療所で、20年7月8日から9月9日までの間で10日間程度勤務が可能であること。
診療時間は16時間で救急サービスは24時間。
これを3交代制で行う。
英語で服薬指導ができるほか、アンチ・ドーピング機構から認定されるスポーツファーマシストの資格が必要だ。
こうした相当の技能を求めているのに対し、ユニフォームは支給するが、報酬や交通費は払わない。
宿泊施設の手配もない、と書かれている。

これをブログで告発したスポーツファーマシストは、あまりの酷すぎる内容に絶句した、とし、
「同じ薬剤師が奴隷のような扱いをされるのを黙って見過ごすわけにもいかず。。。と、いうところです」
と訴えた。

背景には小池都知事の費用が高すぎる!があると


(品川@主宰)
英語のしゃべれる薬剤師 (2017/10/19 11:57:02)
お名前
KEY

[2577]ライトハンド系はこちら 20171005 10:20〜  From: 品川@主宰  on 2017/10/05 10:22:05  
「公認」見送りや返上

自民・岸田氏「理解不能」

 「言っている意味が分からない。理解できません!」

 4日午前の自民党本部4階。温厚な岸田文雄政調会長が詰問した相手は、二階俊博幹事長だった。公認争いが続く山梨2区に関し、二階氏が4日に下した裁定は、岸田派前職の公認見送りと、二階派前職の自民復党・無所属出馬の容認。3日の党選対会合で「岸田派前職に公認を出すべきだ」との意見が多かったが、一任を受けた二階氏が1日で覆した。
 「復党」と「公認見送り」により、公認候補を故意に不利に陥れる「反党行為」に問われる恐れはなくなった。二階氏の裁定には、自派候補の応援をしやすくする狙いがある。
 「ポスト安倍」をうかがう岸田氏にとって、自派議員の公認見送りは鼎(かなえ)の軽重を問われる事態だ。抜き打ち裁定を幹事長代理から電話で知らされると「今から党本部に行く」と伝えて幹事長室に駆け付けた。「県連から正規の手続きで(岸田派前職の公認要請が)あがっている」と訴える岸田氏に対し、二階氏は「復党させないと応援にいけない」とのらりくらり。岸田氏が「反党行為にならないようにした。それ以外に理由はあるんですか」とただしても要領を得ない。結局、岸田氏が「絶対反対です」と言い残して席を立った。

 直接対決を終えた二階氏は記者団に「勝利宣言」。「県連のことはあくまで参考意見として重要視して対応してきたが、その決定のまま決めなきゃいけないことではない」と語り、遊説に向かった。

「矜持がある」署名拒否

 人によっては死にものぐるいで求める「公認」を返上する前職も現れた。長野1区の希望の党公認を得た篠原孝元副農相だ。

 篠原氏は3日の希望の党の1次公認の発表前から、「合流は党と党の話。候補者個人が『公認して』と頭を下げるのは筋が違う」と公言。2日夕には希望側が「踏み絵」として署名を迫った政策協定書が届いたが、「ろくすっぽ政策ができていないのに(協定を)認めろなんてふざけている。受忍限度を超えている」と提出を拒否した。

 それでも出た公認について「僕の知るところではない」と不快げに話した篠原氏。4日に長野市内で開かれた民進党県連の会合で公認を辞退し、無所属で出馬する意向を表明した。記者団には「10年間政治家を続けてきた者としての矜持(きょうじ)がある。あんなものにサインはできない」と語気荒く語った。

 また、希望の党が宮崎1区で公認した道休誠一郎元衆院議員は出馬自体を見送る見通しだ。民進党から合流した道休氏だが、宮崎には先に希望入りした中山成彬元文部科学相も地盤を持つ。民進県連が、中山氏と同じ党になる道休氏への支援取りやめを決めたことが影響した。県連幹部は「ばかな合流劇の象徴だ」と漏らした。


(品川@主宰)
希望の党、衆院選公約を発表消費増税凍結や原発ゼロ

 希望の党の小池百合子代表(東京都知事)は6日午前、都内のホテルで記者会見し、衆院選公約を発表した。2019年10月に予定される消費税率8%から10%への引き上げは凍結すべきだとし、30年までの「原発ゼロ」実現や国会の一院制導入を明記。憲法改正については、自衛隊の存在や知る権利、地方自治を項目として挙げ、議論の必要性を訴える方向だ。

 公約は、消費税増税を凍結し、代替財源として大企業の内部留保への課税検討を表明。同時に内部留保を雇用創出や設備投資に誘導することなどを柱とした、独自の経済政策「ユリノミクス」を打ち出す見通しだ
(2017/10/06 11:29:44)
(品川@主宰)
「人でなし」呼ばわりされたので、私の考えを説明します。

よ! この「二枚舌」! 国会前で民主党の看板議員として2015年「安保法案反対!」を訴えていた細野豪志氏。今や「希望の党」の幹部として、民進党の元同志に対し、「安全保障・憲法改正賛成」の「踏み絵」を踏ませる冷血の人でなしぶり!  という指摘がありました。

2015年9月16日、政調会長として党の要請を受けて、国会前で演説しました。私が述べた「世界中で、いろんな戦争が起こる。アメリカが戦争を起こすことになる。そういうことがある。そういったものに、『後方支援』という名前はついているけれども、これは日本が戦争に参加するということじゃないですか」の部分は、わが国の個別的自衛権とも、集団的自衛権とも関係しない戦争における後方支援を認める国際平和支援法案には反対という趣旨の発言です。わが国の安全保障上の最大の脅威となっている朝鮮半島有事と関係していない国際平和支援法に基づいた自衛隊の海外派遣は控えるべきであると今も考えています。

あの時、あえて言及はしませんでしたが、朝鮮半島有事を想定した重要影響事態(以前の周辺事態)における後方支援、ミサイル防衛などにおける限定的な集団的自衛権の行使は必要であるという考えは、当時から変わっておりません。

反対一色の中で、私は「尖閣諸島のような島を守るために、自衛隊の皆さんには頑張ってもらわなければならないので、領域警備法という法律を国会に提出をしています」と民主党の政調会長として作成した領域警備法案などの必要性を訴えました。「近くは現実的」にやらなければならないという私の演説に対して、ヤジも飛びました。それでも、国会前に集まった若い人たちに、安保法制反対だけではだめだということを訴えたかったからです。

この安保法制の民主党の対応が、離党のきっかけになったことについては、離党直後に更新したブログにも書かせていただきました。
(2017/10/06 11:43:24)
(品川@主宰)
ホント少ないんですよね 与党記事 素晴らしいわ報道各社 (2017/10/10 12:08:01)
(品川@主宰)
寄せ集め「希望の党」 偽装勧誘で有名な宗教幹部まで擁立

小池都知事が代表を務める「希望の党」の公認候補のポンコツ感がハンパじゃない。

 セクハラ問題で女性に訴えられた元熊本県議をはじめ、素性や経歴すらまともに分からない候補がゴロゴロ混在しているのだが、問題のある新興宗教の幹部信者まで擁立していた。石川2区から出馬する弁護士の柴田未来氏(46)だ。

 柴田氏が入信しているのは、富山県に本部を置く宗教法人「浄土真宗親鸞会」。1958年に設立された新興宗教団体で、一般的な浄土真宗とは無関係。“財施”と呼ばれる信者からの集金手法などをめぐり「被害者の会」も結成されている。

 宗教ジャーナリストの藤倉善郎氏が言う。

「親鸞会がいかがわしいのは、大学などで『古典を学ぶサークル』などと正体を隠して偽装勧誘を行っていることです。宗教団体が信者を勧誘すること自体に問題はありませんが、団体名を隠す偽装勧誘は典型的なカルト教団の手法です。そのため、親鸞会は全国の大学で問題視されています。柴田氏は幹部組織『特専部』の一員として教団運営に携わってきました」

 実は柴田氏は昨年の参院選に石川選挙区から野党統一候補として出馬し落選している。参院選直前、藤倉氏が柴田氏に直撃すると、親鸞会信者であることを認めたという。ところがその直後、支援者に対しては親鸞会を退会した旨を説明して回ったそうだ。

「私は選挙対策で形式的に退会したと見せかける“偽装脱会”だったのではないかと疑っています。実際、親鸞会側は退会後も柴田氏の選挙を支援していました。“偽装”を疑う余地は他にもあります。昨年は野党統一候補として『改憲反対』『安保法廃止』を掲げていたのに、今回は正反対の改憲と安保法容認をうたう希望の党から平然と出馬します。わずか1年で思想信条を平然と変えるのはいかにも不自然。柴田氏が幹部信者だったことは事実だし、二枚舌を使う時点で信用できません」(藤倉善郎氏)

 柴田氏は今も親鸞会の信者なのか――。柴田氏が所属する弁護士事務所「兼六法律事務所」に問い合わせると、「選挙に関することはお答えできない」の一点張り。親鸞会も「担当者が不在で本日(5日)中の回答は難しい」とのことだった。

 柴田氏を希望の党の候補として担ぎ出した民進党石川県連にも聞いた。

「昨年、共に参院選を戦った地元支援者の声を受けてこちらから柴田氏に打診しました。信教の自由に関わることについては確認していません」(県連代表の一川政之・石川県議)

 今回、柴田氏は森元首相の地盤を引き継いだ当選2回の佐々木紀前議員(自民)に迫る勢い。ひょっとしたら親鸞会の底力か。
(2017/10/10 12:12:38)
(まゆ(13歳))
握手したことがあるので岸田さんを推します! 選挙区違うけど。 (2017/10/10 22:01:12)
(品川@主宰)
二階幹事長が「今から解散をやめられないか」と漏らした事情

小池新党からの攻勢に “二階から目薬”の心境ではないか。民進党を呑み込む勢いの希望の党に、選挙の陣頭指揮を執るはずの二階俊博自民党幹事長(78)が思わぬ本音を漏らしていた。

 先月28日、二階幹事長は小池新党について、

「解散の前の日に党名を決めたり、ちょっと準備が足りない」

 と、話していたという。こと、小池新党については強気な発言が目立つのだが、

「確かに本人は解散前までは“いつでも選挙に勝てる”と語っていたんですけどね」

 と、自民党関係者。

「先月25日、安倍総理が解散の会見を行う3時間半前に小池さんが希望の党代表に就任して、一気に話題をかっさらい、状況が一変しました。その直後、二階さんは“今から選挙をやめられないか”と周囲に話していたそうです。表向きは小池批判をしていますが、さすがに小池さんがここまでやるとは予想できていませんでした。27日に二階さんが官邸に入ると“本当に止めるのか”と騒然となりました」

 もっとも、二階幹事長にとって選挙を延期したい理由は他にもあった。子飼いの議員が軒並み、公認問題で揉めているのだ。

子分の獲得に奔走

 9月28日、自民党の1次公認が発表された。政治部デスクが言う。

「これまで無所属議員を二階派に入会させては、派閥拡大を図ってきた二階幹事長ですが、今回の選挙で山梨2区の長崎幸太郎さんや埼玉11区の小泉龍司さんなど、二階派に属する無所属議員の公認がどうなるかが話題でした。多くが2次公認以降への先送りだったのですが……」

 1次公認の中で関係者に驚きを与えたのが、神奈川4区だった。

「菅官房長官が後見人を務める山本朋広防衛副大臣と、二階幹事長に近く先ごろ自民党に入党した浅尾慶一郎代議士のどちらが公認されるか、と持ちきりだったんです。結果、山本さんが公認されることに」(同)

 公認されたのは、

「やはり菅官房長官の力ですよ。もともと、山本さんは菅さんの側近に誘われて神奈川4区にきたんです。菅さんは今回の公認も“俺が守ってやるから、安心しろ”と声をかけ、最終的にねじ込みました」(同)

 さすがの二階幹事長も肩を落としているという。先の党関係者が言う。

「二階さんは本来、解散になる前に公認問題の根回しをしたかったのです。実際、長崎幸太郎代議士に関しては、会派入りをさせるべく動いていましたから。それなのに解散が早すぎた」

 結果、長崎氏は復党の上、無所属で出馬する形に。ただ、強引な手法は相変わらずで、
「すでに入党済みの浅尾さんを山本さんの対抗馬として無所属で出馬させ、勝ったら公認させようというプランも出ています。もちろん、地元は猛反発です」(先のデスク)

 政治アナリストの伊藤惇夫氏が言う。

「二階さんは政権のキャスティングボートを握っているわけでもなく、相変わらず子分の獲得に奔走しているだけ。安倍さんも構っていられないでしょう」

 そんな“内ゲバ”を繰り返しているから、希望の党の足音に気付かなかったのでは
(2017/10/11 11:34:29)
(品川@主宰)
「籠池氏は詐欺を働く人間。昭恵も騙された。」は、“首相失格の暴言”

昨夜(10月11日)のテレビ朝日「報道ステーション」の党首討論で、安倍首相が、「籠池さんは詐欺を働く人間。昭恵も騙された。」と発言した。内閣の長である総理大臣として、絶対に許せない発言だ。

籠池氏は、森友学園が受給していた国土交通省の「サスティナブル建築物先導事業に対する補助金」の不正受給の事実についての詐欺罪で逮捕され、起訴された。しかし、刑事事件については、「推定無罪の原則」が働く。しかも、籠池氏は、その容疑事実については、完全黙秘を貫いていると報じられている。その籠池氏の公判も始まっておらず、本人に言い分を述べる機会は全く与えられていないのに、行政の長である総理大臣が、起訴事実が「確定的な事実」であるように発言する。しかも、安倍首相は、憲法の趣旨にも反する、不当極まりない解散(【“憲政史上最低・最悪の解散”を行おうとする「愚」】)を、総理大臣として自ら行った。それによる衆議院選挙が告示された直後に、自分の選挙を有利にする目的で行ったのが昨夜の放送での発言なのである。安倍首相は「丁寧な説明をする」と言っていたが、それは、籠池氏が詐欺を働いたと決めつけることなのか。

法務大臣には、個別の刑事事件に関しても、検事総長に対する指揮権がある(検察庁法14条但し書き)。その法務大臣に対して、閣僚の任免権に基づき、指揮を行うことができるのが総理大臣だ。そのような「行政の最高責任者」が、司法の場で裁かれ、判断されるべき籠池氏の詐欺の事件について、「籠池さんは、詐欺を働いた」などとテレビの総選挙に関する党首討論で、言い放ったのである。法治国家においては、絶対に許せない「首相失格の暴言」だ。

加計学園問題は、安倍首相が「国家戦略特区諮問会議の議長」という立場にあるのに、首相のお友達が経営する加計学園が獣医学部の新設で優遇された疑いが問題となった。今回の「籠池氏の詐欺」についての発言は、自らが、準司法機関である検察を含む「行政の長」なのに、司法判断の介入になりかねない発言である。
(2017/10/12 11:49:48)
(品川@主宰)
小池知事、築地再開発初会議7分で退席し街頭演説

 都知事と党代表の「二刀流」は、大丈夫なのか。

 東京都の小池百合子知事は12日、豊洲市場に移転した後の築地市場の跡地再開発を議論する検討会議の初会合を、都庁で開いた。豊洲移転&築地再開発は、小池氏が東京都議選直前に発表。築地再開発の具体案は、同会議の議論を経て決まる。キックオフとなるこの日の議論は極めて大事だが、小池氏はあいさつを終えると約1時間半の議論を最後まで見守ることなく、わずか7分で退席した。

 都職員は、「遊説の予定が入っている」と説明。その言葉どおり、約1時間後、小池氏は希望の党代表として神奈川県川崎市に入り、JR川崎駅前で公認候補と街頭演説した。
 小池氏は、序盤の情勢調査で、自民&公明が300議席を超える勢いである一方、希望の伸び悩みが報じられたことを踏まえ、「自公が300議席といわれている。ということは皆さん、このまま(安倍1強体制)でいいと、お許しになるんですか」と、約1000人の聴衆に逆質問。「反対〜」の声を聞くと、「ここで、安倍1強政治の緩みをたださなければならないのではないか。今の安倍1強にノーと言えるのは、希望の党のみです」と訴えた。

 今回の衆院選に約700億円の経費が費やされることにも触れ、「理不尽な中で総選挙をするなら、(打倒安倍1強という)新しいチャンスにしようじゃありませんか」と訴えた。

 小池氏はこの日、都内と神奈川県内8カ所で遊説しつつ、公務をこなしたが、選挙戦中盤以降は、知事と代表の「二刀流」をこなす時間の割り振りが、困難を極めることも予想される。

 小池氏は、検討会議の冒頭あいさつで「(再開発の議論に)都庁一丸で取り組んでいる。民間の知恵とノウハウを生かしたい」と述べたが、心ここにあらずのような形での退席。「二足のわらじの1足を脱ぎ、片足(都政側)ははだしのようだ」と話す職員もいた
(2017/10/13 11:04:48)
(品川@主宰)
「圧勝報道」に引き締め、自民二階幹事長が緊急通達

 自民党は12日、二階俊博幹事長と塩谷立選対委員長の名前で、「圧勝報道」が出ても気を引き締めるよう求めた「緊急通達」を、候補者の事務所に送った。

 冒頭から「選挙は、これからが本当の勝負である」とした上で、「勝利はもはや確実のような報道がなされているが、現状は一瞬たりとも楽観を許さない極めて厳しいもの」と指摘。「報道とは逆に、情勢の悪化を招いている候補が各地で見られる」と危機感を示し、「一喜一憂することなく、1票すらもとりこぼすことのない万全の態勢」を要求。過去にも序盤で優勢と報じられながら、結果的に大幅な議席減で敗れたケースもあり、党側は気のゆるみを警戒している
(2017/10/13 11:05:52)
(品川@主宰)
前原氏、民進再結集「絶対にやってはいけない」

 民進党の前原代表は14日、参院議員の一部から、民進党に残ったまま立憲民主党などとの再結集を目指す動きが出ていることについて、「これほど有権者を愚弄ぐろうした話はない。絶対にやってはいけない」と述べ、あくまで希望の党への合流を進める考えを示した。

 「『非自民・非共産』の大きな塊を作ることを代表としてやりたい」とも語り、参院議員や地方組織が、衆院選で共産党と選挙協力する立憲民主と接近することに警戒感を示した。埼玉県内で記者団に語った。

 一方、立憲民主の枝野代表は同日、再結集について東京都内で記者団に「私たちは新しく立てた旗を掲げて前へ進んでいきたい。後ろ向きのことは考えていない」と述べ、民進党に戻る考えがないことを強調した。「排除の論理は取らない」として、立憲民主が主導する再編に意欲を示した。
(2017/10/16 11:19:01)
(品川@主宰)
もう少しするとマスコミは自民党圧勝ムードの報道を必ずしてきます。でも、これは罠です。圧勝させちゃうことに抵抗のある人が、自民党以外に投票するよう促すという本当に卑怯な手を必ず使ってきます。マスコミが掌をかえしたら要注意ですぞ! (2017/10/16 12:12:05)
(品川@主宰)
小池氏は「ちょっとお気の毒」 維新・松井代表

希望の党が掲げた政策を実行するかはっきりしないと(選挙後に)共闘していこうということにはならない。小池(百合子)さんのガバナンスが一番重要だ。もう「憲法9条改正反対」と言っている候補者が出てきている。(政策に同意を求めた)踏み絵を踏んでも「知るかい」って言うのはむちゃくちゃだ。

 (小池氏は)1人で全部やっているので、ちょっとお気の毒なところもある。チームになっていない。代表であり幹事長であり、政調会長であり、総務会長みたいな雰囲気だ。うち(維新)は国会議員の代表も幹事長も政調会長も役割分担ができているから、見ていて大変だなと思う
(2017/10/18 11:31:34)
(品川@主宰)
櫛渕万里の旦那はなに人かな?

辻元清美が可愛く見えるほど左に回ってる。、政治資金の問題でも「紙なくしちゃいました」とかやってる。あんなもんはダメだ。

あとは四国の玉置と神奈川の後藤だ
(2017/10/18 11:46:45)
(品川@主宰)
「希望の党」のポンコツリスト 鳩山太郎のバカ伝説、豊田真由子もビックリの暴言暴力…

 小池都知事が重点を置いている選挙区の1つ、東京24区で安倍総理の最側近・萩生田光一氏に挑むのは、元大阪府寝屋川市議の吉羽美華氏(37)である。2012年に民主党公認で衆院選に出馬して落選。翌13年に新党大地公認で参院選に出て落選した後、自民党の前衆院議員、谷川とむ氏(41)と結婚し、長男をもうけるも、昨年9月に離婚している。

 総理の「お友達」に挑む美貌のシングルマザー。そんな戦いの構図となり、注目を集めることになった吉羽氏は、離婚原因は元夫の「DV」だと自らのブログで主張しているのだが、

「DVなんてとんでもない。彼女に手をあげたことも不貞行為も一度もない」

 と、元夫の谷川氏は“完全否定”するのである。

「離婚の時も突然でした。それまでLINEでも電話でも普通にやり取りしていたのに、昨年5月、家に帰ると離婚届と手紙だけが置いてあって、妻と子供が消えていたのです。手紙には“私はあなたのことは別に嫌いじゃない”といったことが書いてあった。DVを受けていた人がそんなことを書くはずがない」

 当の吉羽氏は、

「言葉や経済の問題でのDVです。定期的に生活費を入れてくれないとか」

 そう主張するのだが、谷川氏によれば、

「言葉の暴力なんてありえない。生活費を入れてくれない、というのもウソ。お金はまとめて渡していたし、クレジットカードも自由に使ってもらっていた。結局彼女は、交際を始める時に“二度と選挙には出ない”と約束したのに、選挙に出たくて仕方がなかったんですよ。実際、離婚直後に阪南市長選に出ましたしね」


「鳩山太郎」バカ伝説

 吉羽氏と同じく、選挙に出ては敗北を繰り返し、今回は東京2区で当選を狙うのが、鳩山太郎氏(43)。昨年他界した鳩山邦夫元総務相の長男ということで“毛並”は申し分なく、資金力も十分。そんな太郎氏がなかなか当選できない理由は、本誌(「週刊新潮」)が過去に報じた以下の行状を見れば明らかだ。

 太郎氏は10年、「新党改革」から比例代表で参院選に出馬。選挙運動員によれば、こんなことがあったという。

〈「選挙カーに乗るうぐいす嬢が1人しかいない時は、彼女の休憩中はCDで演説を流し、太郎さんも車の中で休憩。そんな時、例えばCDで“鳩山太郎は日本の道徳教育を推進し〜”という部分で、“性教育を推進し〜、へっへっへっ”と呟いたり、“子育て支援を〜”のところでは“子作り支援を〜、うっひっひっ”なんて呟いて1人で悦に入ってるんです。そうかと思えば突然、“なんで普通にカウパーとかって言わないんだろうねぇ”って言い出す。カウパー氏腺液のことですけど、選挙カーの中でいったい何を考えてたのやら」〉

 また、太郎氏が佐賀市内で遊説した際、秘書らと入った居酒屋に居合わせた人物によれば、

〈「秘書が“生2丁”って注文したら、いきなり太郎氏が“生生生生、生で入れたい生が好き!”って叫ぶ。なんだコイツと思って聞いていると、秘書の女の子のことを話題にして……」〉

 その秘書とは、父親の事務所の美人秘書のことで、“あぁ、あのコにしゃぶってもらいてぇ、あのコとやりてぇ、ナニナニしてもらいてぇ”などと叫んでいたのだとか。あまりに下品で低レベルな鳩山家の御曹司なのだが、下ネタばかりを口走る理由をご本人に聞いたところ、

「メシ食う時まで聖人君子だったら、選挙期間中、持たないですよ」

 と開き直るのだった。

豊田真由子もビックリな…

 御曹司といえば、長野2区の下条みつ氏(61)も3代続けて政治家という家柄。03年から12年まで代議士を務めた下条氏の元秘書の荒井久登氏が言う。

「自民党を離党した豊田真由子の秘書への暴言、暴行が話題を呼びましたが、下条は暴言、暴行議員の“走り”みたいな存在です。私が秘書をしていたのは05年から06年にかけての1年半。当時は今のように手軽に録音できず、テープレコーダーしか持っていなかったので下条の暴言を録音できなかったことが非常に残念ですね」

 荒井氏によれば、秘書になって2カ月ほど経った頃、こんなことがあったという。

「選挙区内で産廃処理場の反対運動が起こっている場所を回っていた時、下条が“おい荒井、こんなトラブルのある地域を回らせるんじゃねーぞ!”と怒鳴ったのです。“今度回らせたら殺すぞ”との暴言も吐いていました」

“バカ野郎”“てめぇ海に放り込むぞ!”──事務所の「朝礼」の際も日常的に秘書に罵詈雑言を浴びせていたという下条氏は、

「暴力もひどかった。一番印象に残っているのは、下条が私の顔面を拳で殴った時のこと。下条の指の付け根から血が出たのですが、“おめーのせいで血が出ちまったじゃねーか!”とキレたのです。本当にひどい人間です。今回、私は希望の党の若狭勝氏の事務所に、下条の悪行を示す書類を届けた。つまり、希望の党は下条がポンコツ中のポンコツだとわかっていて公認を出したのです」(同)
(2017/10/19 11:38:41)
(品川@主宰)
枝野氏が「政治家の都合ではなく国民の声に押されて作られたのが立憲民主党」と語るのを聞いてわが耳を疑った。最初は希望の党への合流を希望してそれが叶わなかったから作った立憲民主党,それはまさに政治家の都合で出来た政党てはないのか。党首の第一声が真っ赤な嘘だったら何の始まりとなるのか (2017/10/19 11:53:02)
お名前
KEY

[2578]レフトハンド系はこちら 20171005 10:20〜  From: 品川@主宰  on 2017/10/05 10:22:57  
立憲会見「民主くん」も登場

 希望の党から「排除」された民進党前職らが、立憲民主党に参加する動きが相次ぐ。4日午後には、東京都内の選挙区で出馬する16人中15人が、新党の候補として並んで記者会見した。

 冒頭に発言した長妻昭元厚生労働相は「民主党、民進党から温めてきた目指すべき社会像を実現する器が必要だ」と強調。「個人の内心の自由に国家権力は踏み込まず、多様な生き方を認める。それが我々の立ち位置だ」と続けた。

 井戸正枝元衆院議員は、旧民主党の公認ゆるキャラ「民主くん」の関連グッズを持参。長妻氏は「民主くんが真っ青になるようなキャラを作る」と笑みを見せた。


(品川@主宰)
立憲民主党、菅元首相ら46人を擁立…

立憲民主党が衆院選に擁立する候補予定者が、4日現在で計46人に上ることが読売新聞の集計で分かった。

 今後、希望の党から公認を拒否された民進党出身者らが加わるとみられる。最終的には50人を上回る可能性もある。

 立憲民主党は、民進党のリベラル系を中心に3日、結成された。小選挙区別の候補予定者は計10都道府県で、東京の16人が最も多く、北海道と大阪が7人で続く。

 東京の小選挙区から出馬予定の長妻昭代表代行(東京7区)ら15人は4日、国会内で記者会見し、「政策に賛同する野党で候補者のすみ分けをする」と述べ、共産党などとの候補者調整を進める考えを示した。東京では1区に海江田万里・元民主党代表、18区に菅直人・元首相を擁立する。

 民進党の牙城の一つである北海道では、荒井聰・元国家戦略相(北海道3区)らが出馬予定だ。希望の党と日本維新の会が候補者のすみ分けで合意し、希望が公認候補の擁立を見送る大阪では、行き場を失った民進党出身者が立憲民主党に回るケースも見られた。

 希望の党の第1次公認から外れた民進党の亀井亜紀子・元参院議員も4日、松江市内で記者会見し、島根1区に立憲民主党で出馬すると表明した
(2017/10/05 10:39:29)
(品川@主宰)
枝野幸男氏「辺野古新基地はゼロベースで」オスプレイは安全性・必要性を検証

立憲民主党の枝野幸男代表は5日、沖縄タイムスのインタビューで米軍普天間飛行場の移設先についてはゼロベースで検討を始め、結論を出す考えを示した。危険性の除去のため、新型輸送機オスプレイの安全性や必要性、訓練についても検証するという

安倍政権の辺野古新基地建設の進め方について「強引なやり方では沖縄の理解は得られず、結果として日米同盟に悪影響を与える。いったん立ち止まるべきだ」と指摘した。

 枝野氏は民主党政権時に、官房長官や沖縄担当相などを歴任。「(辺野古移設の)選択をしたのは当時の一つの判断だった。時間を区切り短い期間で結論を出すことにしてしまった。時間が経過し、米軍の国際戦略が変化するなど安全保障環境が変化した。(政権時の)経緯や、過去に辺野古へ決まったプロセスや結論も含めて時間を掛けた検証をすべきではないか。違った道を模索できる余地がないか再検証してみたい」と答えた。

 5年前、普天間飛行場にオスプレイが配備された時も民主党政権だった。枝野氏は「運用してみたら、思った以上に問題が指摘されている。安全性と必要性、県民に影響を与えない訓練などを検証したい。政府に対して説明を強く求める」と述べた。日米地位協定については、米国が日本以外と結んでいる協定と比較しても不公平感は強いとし「沖縄の声を踏まえて改定を求めていく。外交交渉の技術や能力の問題だ」とした
(2017/10/06 11:20:56)
(品川@主宰)
統一候補、3党が協定 立憲民主・共産・社民 道内全選挙区

リベラル系新党「立憲民主党」と共産、社民の3党は5日、衆院選(10日公示―22日投開票)の道内全12小選挙区に出馬する統一候補を決定し、市民団体「戦争させない市民の風・北海道」とともに政策、選挙協力に関する協定を交わした。内訳は立憲民主党8人、共産党4人。共産党は道5区を除く11選挙区で候補を擁立する構えだったが、このうち立憲民主党と競合する7選挙区で取り下げた。

 調印式には、立憲民主党北海道の荒井聡代表代行、共産党道委員会の青山慶二委員長、社民党道連の浅野隆雄幹事長、市民の風の上田文雄共同代表が出席し、協定書に署名した。
(2017/10/06 11:21:52)
(品川@主宰)
衆院選 譲れぬ争点、声上げる  

九条の会 「改憲勢力2/3占める危険」

 十日公示、二十二日投開票の衆院選を前に、護憲派の市民団体「九条の会」は五日、東京都内で記者会見し、「戦後日本の『戦争しない国』を作ってきた憲法の役割に改めて思いを致し、改憲を許さないという声を上げよう」との声明を発表した。

 会見したのは、事務局長を務める東大教授の小森陽一さんら。声明は「戦後日本の歴史と憲法の岐路に立って」とのタイトルで、来年の通常国会で改憲案が発議される可能性に触れた。東京都の小池百合子知事が率いる新党「希望の党」が憲法改正を掲げたことを挙げ、「自公勢力が後退しても、改憲勢力が三分の二を占める危険性が高まった」と指摘した。

ママの会 「違憲の安保法看過できない」

 子育て中の母親らでつくる市民グループ「安保関連法に反対するママの会」もこの日、都内で記者会見し、東京や愛知、大阪など各地で活動するメンバーらが「だれの子どももころさせない」との横断幕を掲げて臨んだ。

 発起人の西郷南海子さん(30)は「安保関連法は憲法違反だと考えている。安保関連法だけが選挙の争点ではないが、重大な憲法違反をそのままにしておくことはできない」と述べ、安保法制廃止を訴える候補者を支援する考えを示した。

銀座デモ 「市民と向き合う政治家選ぶ」 

 安全保障関連法や原発再稼働、「共謀罪」法などに反対する市民団体らのデモが五日、東京・銀座などであり、約二千人(主催者発表)が参加した。十日公示の衆院選に向けて、「市民と向き合う政治家を選ぼう」と声を上げた。

 反原発団体などが中心となって開催。日比谷公園から銀座までの約二キロを、「安倍政権NO!」と書かれた横断幕を掲げて行進した。東京都杉並区の会社員三村正次さん(56)は「選挙後は受け入れがたい社会になるかもしれない。安保法制や改憲に反対だという意思表示のためにデモに参加した」と話した。

 これに先立ち、日比谷野外音楽堂で集会が行われ、野党連携を訴える市民団体「安保法制の廃止と立憲主義の回復を求める市民連合」世話人の山口二郎・法政大教授(政治学)が「理念に忠実な政治が求められている」などと訴えた。
(2017/10/06 11:23:25)
(品川@主宰)
70選挙区で一本化安倍政権の打倒めざし 小池書記局長が会見

 日本共産党の小池晃書記局長は5日、国会内で記者会見し、総選挙に向けて、安保法制=戦争法廃止、憲法9条改悪反対などの政策で一致する立憲民主党や社民党などと選挙協力の協議を進めた結果、共産党の候補者を擁立せずに一本化することを決めた小選挙区の状況を明らかにし、「市民の願いに応え、安倍政権を倒すために力を尽くしたい」と述べました。同日時点で擁立しない小選挙区数は70になりました。

 小池氏は、北海道では、市民団体と3党が▽安保法制、「共謀罪」法の廃止▽憲法9条改定反対を含む政策協定と選挙協力の協定書を締結し、相互支援を確認していることを紹介。「地域の事情はさまざまだが、わが党が擁立した素晴らしい候補者と、関係する党組織の皆さんが、市民と野党の共闘を成功させ戦後最悪の安倍政権を倒すという大義に立って立候補の取り下げを決断していただいていることには心から敬意を表したい」と述べました。

 小池氏はまた、民進党や自由党出身の前職が「希望の党」に合流せず、無所属で立候補している場合も、政策協定などを確認し、当選後、希望に入らないことを約束した場合には候補者調整の対象としていると語りました。

 また、日本共産党が「必勝区」とした16小選挙区では、立憲民主党に候補を擁立しないように求め、千葉13区と大阪5区以外では立憲民主党が立候補を表明していないことを紹介しました。なお小池氏は、時間的な制約や比例代表選挙での得票目標実現を考慮すると、「候補者の調整は限界に近づいている」とも述べました。
(2017/10/06 11:37:41)
(品川@主宰)
立憲民主党の候補者擁立で、候補者下ろせる大義名分を得た共産党の地区委員会が歓喜の声を上げている模様。供託金は没収されないわ選挙費用かけなくていわで大助かり。これで専従給与遅配が改善されるところも出てくるだろう。
-------------------
、今回の共産党の小選挙区候補者の多くは地区委員長になっている。もともと野党共闘が成立すれば下ろすつもりで便宜上候補者を地区委員長にしていただけだ。

本来地区委員長は選挙を仕切って候補者を当選に導くのが本来の仕事なので、よほど人がいない時以外は候補者にはしない。

それが野党共闘崩壊で社民党との共闘に縮小すると、多くの下ろす予定の候補者補下ろせなくなった。

ポスターもビラもまだ作っていないのに10日後には公示だぞと慌てた直後に立憲民主党の結党と共闘で、候補者を下ろせる地区委員会がどっと増えた。

民進党や社民党の候補者が出てくるところでは、候補者を下ろすことができて供託金を没収されることもなく、応援する立場にいるだけでいい。

何より選挙費用が なくなるから地区委員会のお金は減らないw。よって候補者補下ろせる地区委員会は歓喜し、下ろせない地区委員会は「下ろせるところはいいなぁ」とうらやましがっている
(2017/10/06 11:39:33)
(品川@主宰)
立憲民主がツイッターフォロワー数自民超えの12万、票に影響は

枝野幸男元官房長官が立ち上げた立憲民主党の公式ツイッターのフォロワー(読者)数が5日午前11時半点で約12万4000と、自民党の公式アカウント(約11万3000)を上回った。これに対し、枝野氏らを「排除」した側の希望の党の公式アカウントのフォロワー数は約4300。この数字は実際の衆院選の票に反映されるのか。

立憲民主党の公式アカウントは、枝野氏が結党会見を開いた2日午後から投稿が開始された。まめに更新されていることもあってか、3日足らずでフォロワー数が自民党広報を抜いた。

 民主党時代のゆるキャラ「民主くん」が復活し、リッケンバッカー製のギターをかついだ「立憲民主くん」なるアカウントも登場、こちらも約7600のフォロワーがいる。

 ITジャーナリストの三上洋氏は「枝野氏が活動する現場の写真をアップしアピールするなど、立憲民主党のアカウントの運営者はツイッターをうまく使いこなしている印象を受ける」と話す。

 一方、希望の党の場合、代表の小池百合子都知事のフォロワーは約48万いるが、党の公式アカウントは約4000。政権獲得を目指す党としてはちょっと寂しい数字だが、前出の三上氏は「小池氏は昨年の都知事選でも、都民ファーストの会を率いた今年7月の都議選でも、ツイッター上での人気はそれほど高いわけではなかった」と指摘する。

それでも実際の選挙では小池氏側が圧勝した。三上氏は「ネットで人気があるからといって票につながった例は、これまでの日本の選挙では見受けられなかった」と分析する。

 ネット社会に詳しい近畿大の清島秀樹教授はこう指摘する。

 「SNSは揺り戻しが大きい特性がある。大衆を喜ばせることができれば成功するだろうが、候補者の問題発言などで瞬時に支持を失う可能性もある」
(2017/10/06 11:47:35)
(品川@主宰)
共産岩手、小沢一郎氏支援へ 選挙区に候補擁立せず

共産党岩手県委員会は4日、衆院選の岩手3区に候補者を擁立せず、無所属で出馬する自由党の小沢一郎代表を支援する方針を明らかにした。県委員会の菅原則勝委員長が盛岡市の集会で「小沢氏が無所属で出馬し、『共謀罪』の廃止など政策面で共闘できると確認できた。自主的に支援したい」と表明した。社民党も同日、自主投票を決めた
(2017/10/06 12:13:53)
(ノリリン@9月1日)
小沢さん、ついに共産に協賛されるようになってしまったか (2017/10/06 15:42:10)
(品川@主宰)
座布団あげたら喜んでくれますか? (2017/10/06 16:03:47)
(ノリリン@9月1日)
いや、いいです (2017/10/08 00:16:10)
(ノリリン@9月1日)
とまさやんが言うに100円をつけ忘れた (2017/10/08 00:16:37)
(品川@主宰)
安倍首相「侵略受けたらどうなる?」 志位委員長「政権奪取後しばらく合憲」 だと

与野党8党首が7日臨んだインターネット中継動画サイト「ニコニコ動画」の党首討論会では、自衛隊は憲法違反との立場を取る共産党の志位和夫委員長への批判が集中した。

 口火を切った日本維新の会の松井一郎代表(大阪府知事)は「違憲を合憲と見直すのか、自衛隊をそもそもなくすのか」とただした。

 志位氏が党綱領に基づき「国民の多数の合意が成熟して初めて解消に向けた措置を取ることができる」と説明すると、安倍晋三首相(自民党総裁)は「志位氏が首相になり、『自衛隊は違憲』といった瞬間に自衛隊法は違憲立法となる。この間に侵略を受けたらどうなるのか。災害出動もできない」と畳みかけた。

 さらに公明党の山口那津男代表が「立憲民主党も拒否するのに、どうやって政府を作るのか」とただすと、志位氏は党綱領に基づき「(共産党を含む)政権はすぐに自衛隊を解消する措置はとれない。(しばらく)合憲という立場を引き継ぐ」と説明した。

 これを聞いた首相は「自衛隊の諸君は命がけで日本人の命を守る。『自分たちは違憲だと思うが、災害があったら皆さん命をかけて国民の命を守ってください』というのは無責任だ。この状況こそが政治の場に携わる者の責任だ」と述べ、憲法9条に自衛隊の存在を明記する改憲案の意義を強調した。

 激しいやりとりを聞いていた希望の党の小池百合子代表(東京都知事)も参戦した。「『しばらくの間は合憲』といったが、平成5年の自社さ政権では、社会党が一夜にして自衛隊をめぐる立場を変えた。志位氏も同じことになるのでは」と加勢した。

 志位氏は「党として違憲という立場を変えない。憲法判断を変えるのは情勢が熟したとき」と再度言及したが、小池氏は「しばらくの間とか当面の間などは世界情勢の中で許されない。無責任だ」と批判を重ねた。これには安倍首相も「その点については小池氏とまったく同じ意見だ。しばらく合憲と認めるが、自衛隊は命をかけるというのはあまりに無責任だ」と歩調を合わせた。

 志位氏は「私たちが参加した政権が、すべての国々と平和的な友好関係を作る。日本を取り巻く平和的な環境が熟する。それをみて国民の圧倒的多数が『もう自衛隊がなくても安心だ』となったら、初めて9条の完全実施(自衛隊の解消)ということだ」と訴えたが、首相らは首をひねったままだった。

 共産党との候補一本化を進める立憲民主党の枝野幸男代表は「自衛隊は違憲と皆さんがいう状況ならば、どう変えるか考えないといけないが、国民の圧倒的多数も私も合憲だと思っている。(違憲論の多い)学者は普通の国民と違った反応が出てくる」と述べ、憲法9条に自衛隊の存在を明記する首相の改憲論を批判した。

 枝野氏は平成27年の安全保障関連法の国会審議で、憲法学者の違憲論を根拠に反対姿勢を強めていた。首相は「あまりにも自衛隊の気持ちを分かっていない議論だ」と反論した。
---------------
(2017/10/10 10:53:03)
(品川@主宰)
詐欺集団 立憲民主党がTwitterフォロワー数を捏造水増

https://twitter.com/hello_point/status/917157771346198528

https://4.bp.blogspot.com/-X2WoVAns0lo/WdtxC_bzcxI/AAAAAAAAFJw/jorHH_Q27RcIZBlr-gvlSFrJ9at1XcsYQCLcBGAs/s1600/Sagi1.JPG
(2017/10/10 11:44:09)
(品川@主宰)
小池晃、「解散しろ」突っ込まれて慌てる

今朝の「新報道2001」。志位さんが冒頭解散を追及したら、安倍首相が「共産党の小池さんが解散せよと言った」と発言して吹いた。

8月に小手先の内閣改造でなく解散が筋だと言ったのであって、冒頭解散せよなんて言ってません。
(2017/10/10 12:08:34)
(品川@主宰)
言ったって自分で認めてるじゃん 冒頭解散だろうが何だろうが、解散には違いない。 (2017/10/10 12:09:02)
(品川@主宰)
山田洋次監督 不倫疑惑の山尾志桜里氏に応援メッセージ「全面的に信頼」

衆院選(10日公示、22日投開票)に愛知7区から無所属で出馬した山尾志桜里氏(43)が10日午前、尾張旭市内の選挙事務所で出陣式を行った。

 同氏は週刊誌で既婚の倉持麟太郎弁護士(34)とのダブル不倫が報じられ、民進党を離党。この日、白のジャケットに紺のパンツ、スニーカー姿でマイクを握った山尾氏は集まった支援者約70人を前に「雑誌の報道、離党、解散、そして政局の混迷。この1か月で思いもよらぬ出来事が起きました。それでも温かい声援を受け、いまは晴れやかな気持ちです。無所属の出馬は比例復活がないワンチャンス。皆様の力を貸して下さい!」と万感の表情で訴えた。

 大物からの応援メッセージも届いた。映画監督の山田洋次氏(86)だ。
「ぼくは志桜里さんを中学生のころからよく知っています。そして全面的に信頼しています。重苦しい不幸な今日の政治状況の中にあって、彼女の存在は希望の星のように輝いています。まだまだ若い、これからの人である。志桜里さんが三たび国政の場で活躍してくれることを、願ってやみません」(原文まま)と直筆の手紙が読み上げられると、会場は大いに沸いた。

 選挙戦は自民党・鈴木淳司氏(59)との一騎打ち。“山田洋次パワー”が追い風となるか――。
------------------
ヨシフスターリンつぶやき

山尾さんは法務部門会議や共謀罪対策でよくご一緒しました。柔軟で毅然とした貴重な存在です。比例復活がないので、小選挙区で必ず勝利を!
(2017/10/11 11:46:29)
(品川@主宰)
演説中の候補者の頭殴った疑い、66歳の男を逮捕

千葉県警は11日、JR柏駅(同県柏市)南口で街頭演説していた衆院選千葉8区の自民党前職、桜田義孝氏(67)の頭を殴ったとして、公選法違反(自由妨害)の疑いで、自称柏市の無職、天野佳夫容疑者(66)を現行犯逮捕した。桜田氏にけがはなかった。

 逮捕容疑は11日午後7時ごろ、演説していた桜田氏の頭を殴り、選挙の自由を妨害した疑い。

 県警や桜田氏の陣営によると、現場にいた陣営の男性スタッフが取り押さえた。天野容疑者は酒を飲んでおり、桜田氏とは面識がなかったという。
-------------
桜田 義孝 67歳 自元文部科学副大臣
小野里 定良70歳共産党 元柏市
太田 和美 38歳 希望元環境委理事
(2017/10/12 11:42:26)
(品川@主宰)
民進党の小川参議院議員会長は、衆議院選挙後に希望の党や立憲民主党に移った前議員なども含めて民進党として再結集するべきだという考えを示しました。

 民進党・小川参議院会長:「民進党は不滅です。この選挙が終わったら、これまで一緒にやってきた民進党を大きな軸としてしっかりと結集して、安倍自民党政権、絶対に打倒する」
 民進党は9月の両院議員総会ですべての前衆議院議員の希望の党への合流方針を決め、前原代表は参議院議員も選挙後に合流させる考えを示していました。しかし、小川参議院会長は「希望の党では民進党の理念政策が実現できない」と述べたうえで、選挙後も民進党を存続させ、希望の党や立憲民主党に分裂したすべての候補者に呼び掛けて、民進党として再結集するべきだという考えを強調しました
(2017/10/13 11:55:31)
(品川@主宰)
共産党>野党共闘 躍進の可能性も…志位和夫氏

共産党委員長 志位和夫氏(63)

――衆院選の争点は。
 最大の争点は、安倍内閣の暴走政治を続けてよいのかにある。安全保障法制、特定秘密保護法、共謀罪(テロ等準備罪の新設を柱とする改正組織犯罪処罰法)はどれも違憲で、廃止する必要がある。森友・加計かけ疑惑をあいまいにしないで、国会で徹底追及していく。消費税増税、憲法9条改定、原発再稼働も許さない。

 ――安倍首相は北朝鮮問題などに取り組む「国難突破解散」と銘打った。
 首相が日本にとって最大の国難で、退場させることが国益になる。憲法を壊し、民意を踏みつけ、国政の私物化を進めている。北朝鮮の経済制裁強化は必要だが、対話による平和的解決と一体で進める。軍事衝突が起こった場合、日本が戦争の当事者になりかねない。憲法9条を持つ日本こそ、平和的解決のイニシアチブを発揮すべきだ。

 ――民進党は希望の党に合流した。
 民進とは国政選での協力について党首間で合意しており、重大な背信行為だ。希望の公認を得た民進出身者に対立候補を擁立するのは当然だ。希望は自民の補完勢力以外の何物でもない。今回の選挙は自民・公明、希望、日本維新の会と、共産、立憲民主、社民の2極対決だ。その構図を広げられたら、野党共闘勢力は躍進する可能性がある。

 ――立憲民主党との選挙区調整はどうする。
 大局的判断をすることが国民の声にこたえる道だ。我々の判断で立候補予定者を自主的に取り下げ、一本化した選挙区もある。

 ――衆院選の目標は。
 比例選で850万票を大目標としている。全国11の比例ブロック全てで議席を増やす。小選挙区では、特に16の必勝区で議席確保に挑戦したい。
 (この記事は2017年10月8日付読売新聞朝刊に掲載されました。)
(2017/10/16 11:24:11)
(品川@主宰)
石原良純「選書妨害の野次は日本らしくない。玉川氏は肯定してますが」
玉川徹「時代の流れ!文句を言いたい人が増えてる!」
石「妨害していいの?」
玉「組織動員は論外!偶然ならいい」
羽鳥「前原帰れコールは組織動員では?」

演説妨害を肯定派の玉川の見苦しい言い訳
(2017/10/16 11:26:08)
(品川@主宰)
田崎史郎「都議選最終日の『安倍辞めろ』はかなり組織的にやられてた可能性が指摘されてます。法律違反にならないかもしれないけど法律以前の問題。その人の主張を聞く為に人が集まってきてるんですから。演説の邪魔をしないのは基本です」
羽鳥慎一「何も聞かずに大声を出すのは良くないですよね」
(2017/10/16 11:27:04)
(品川@主宰)
共産・志位氏「国民の知らないところで戦争当事国に」

米国のトランプ政権は、北朝鮮に対して「あらゆる選択肢がテーブルの上にある」と言っている。「あらゆる選択肢」の中には軍事的選択肢も入っている。つまり先制的な軍事力行使、先制攻撃のプランがある。もし米軍がそこに乗り出してしまったとき、自衛隊が一緒に行動していると、一緒に戦争に参加することになる。ずるずると戦争に引きこまれてしまう。そうなると日本に報復がやってくる。国民の知らないところで日本が戦争当事国になり、戦火が日本に及ぶ。こんな危険な道は絶対に認めるわけにはいかない
(2017/10/18 11:29:13)
(品川@主宰)
不破哲三、池内さおりが公明太田を下す可能性ありと見た模様

総選挙での日本共産党躍進と大激戦の東京12区での池内さおり候補(東京比例重複)の必勝を何としてもと、不破哲三前議長を迎えた街頭演説が13日、東京・JR池袋駅東口で行われました。市民連合の山口二郎氏(法政大学教授)も駆けつけ、降りしきる雨のなか聴衆の輪がぐんぐん広がり、「共産党頑張れ」の声が上がりました。
 山口氏は「共産党の思い切った決断で、選挙区での一騎打ちの構図ができた」と感謝を表明。「共産党の掲げる政策は当たり前のものばかりだ」として、「偏見や思い込みを捨て、ありのままの目で共産党を見てほしい」と呼びかけました。

当たり前ばかりじゃなく、ありのままに見て不支持が多いから結党95年も経つのに政権撮れないんですがwというのはともかく、勝てそうなとこしか来ない不破哲三が東京12区に入ったということは、相当な接戦を共産党は予想していると思われる。

前回の総選挙では公明太田の半分しか池内はとれなかったが、野党共闘によって生活青木の票が入るとなると太田との得票数はほぼ同数になる。太田を推す自民党の中には都議会の件で公明に反発を持つ者もいると予想され、浮動票の動きいかんでは、あと一息で勝てると踏んだのだろう。

でもって、まさかの展開で池内が勝ったりしたら、現在准中央委員だが、いきなり幹部会に昇進しそう・・・共産党女性議員の人気株の吉良と池内は、案外党内序列は低くて、吉良はヒラ中央委員、池内は准中央委委員に過ぎない。

この世代の出世頭は、常幹にまでなっている元民青委員長の田中悠、参議院議員の辰巳コータロー、藤野保史あたりだが、小選挙区で勝ったらさすがにヒラ中央委員では収まりがつかないと思うのではないだろうか?かといって常任幹部会まで持っていくのはちょっと・・・となると幹部会委員くらいかな?
(2017/10/18 11:40:50)
(品川@主宰)
蓮舫氏「立憲民主を応援したい」支援の動き加速

 民進党の蓮舫前代表は16日、横浜市内で街頭演説し、「立憲民主党と希望の党の候補者が一緒に出ているところは、立憲民主を応援したい」と述べた。

 民進党参院議員の一部からは、衆院選後も党に残り、立憲民主などと再結集することへの期待感が出ており、立憲民主の候補者を支援する動きが加速している。

 民進党の江田憲司前代表代行も同日、衆院選後の対応について「希望の党より立憲民主の枝野氏と相談していく」と語った。「野党が大同団結し、大きな塊を作らないと巨大な自民党に対抗できない」とも述べ、野党再編の必要性を強調した。江田氏は希望には合流せず、今回の衆院選には無所属で出馬している
(2017/10/19 11:31:15)
お名前
KEY

[2663]凄いなぁ 日本は天国だな  From: 品川@主宰  on 2017/10/19 11:24:56  
不正告発のジャーナリスト死亡、暗殺か マルタ

地中海の島国マルタで自動車爆弾が仕掛けられたと見られる爆発があり、政界の腐敗を告発していたジャーナリストのダフネ・カルアナガリチア氏(53)が死亡した。息子のマシュー氏は17日、母のカルアナガリチア氏は不正を暴く記事を書いたために暗殺されたと訴えた。

カルアナガリチア氏は16日、自宅を出た直後に乗っていた車が爆発して死亡した。マシュー氏はフェイスブックへの投稿で、自宅前で爆発の音が聞こえて母の車に駆け寄ったが、「母のバラバラになった遺体が散乱していた」と振り返っている。

マシュー氏はカルアナガリチア氏の死について、「母は法の支配と、それを破ろうとする者との間に立ったために暗殺された」と主張。「それをやる唯一の人物だったことから、母が狙われた」と訴える。

カルアナガリチア氏は、世界の指導者らの不正を暴いた「パナマ文書」の調査報道を主導したジャーナリストで、マルタ政界の腐敗についても告発していた。

同氏のブログは政界に対して強い影響力を持っていた。パナマ文書に関連したムスカット首相夫妻の疑惑がこのブログで報じられたことを受け、首相は4カ月前、早期解散に踏み切った。夫妻は疑惑を否定している。

マルタ政府によると、爆発については警察が捜査しているほか、米連邦捜査局(FBI)やオランダの専門家も証拠調べに当たっている。

ムスカット首相は17日、カルアナガリチア氏が何者かに狙われたことは間違いないと述べ、プロによる犯行だったとの見方を示した。ただしマルタ政府の関与は否定している。
マルタ首都バレッタの近郊の町では16日夜、数千人が集まり、カルアナガリチア氏の死を悼んだ。

政治ニュースサイト「ポリティコ」は、マルタ政界の汚職をめぐる報道を受けてカルアナガリチア氏を今年欧州に大きな影響を与えた人物28人のうちの1人に選出していた。

カルアナガリチア氏はブログに、定期的に政界の汚職疑惑について投稿していた。最後の投稿は爆発の約30分前で、「目に入るところ全てに悪人がいる。状況は絶望的」と書いていた。
お名前
KEY

[2662]ワンフーは凄いけど それで金儲けしてるんだから  From: 品川@主宰  on 2017/10/19 11:10:30  
AKB48・大家志津香も苦言……アイドルファンの“握手会セクハラ”で、本当にたちが悪いのは女性ファン!?

AKB48の大家志津香が10月15日、握手会でのファンによるセクハラ発言に対してTwitterで苦言を呈した。

 大家は、「メンバー同士で胸のサイズイジったり 自分の胸のサイズ自虐したりはする事はあるけど」と前置きをしたうえで、「握手会で胸の事イジってくるのとかは 結構キモいよ!!笑」とコメント。ファンがメンバーのバストについて言及することを“キモい”と一刀両断したのだ。

 そもそも他人が女性に対して、肉体的な特徴に気安く言及するのはNG行為といえるだろう。それが“ファンとアイドル”という関係であれば許されるという理由など、もちろんあるわけもない。いわば当たり前のことを言っているだけの大家であるはずなのに、一部のファンからは「ファンに対して“キモい”という言葉を使うとはけしからん」という、逆ギレと言うべき批判まで飛び出す展開となっている。

 セクハラ被害者がネット上で再度セクハラを受けているかのようなこの状況だが、近頃はAKB48ファンのマナーも悪くなっているという。アイドル業界関係者は話す。

「全盛期にはライトなファンが多く、握手会に参加するファンも“オタク”というより一般層が多かったんですが、ブームが過ぎたことでどちらかというと濃いファンが残っている状態です。そして、濃いファンには、ものすごくマナーが良いファンと、メンバーとの距離感を測れない勘違いしたファンとの2種類があるんです。後者のファンは、メンバーに対してセクハラまがいの発言をすることもあるし、説教をすることも多い。“こっちは金を払っているんだ”という態度のモンスターカスタマーのようなファンが少なからずいるんです」

さらに、アイドルに対するセクハラでたちが悪いのが、一部のマナーが悪い女性ファンだという。

「女性から言うのであれば大丈夫だと思って、躊躇することなく握手会でセクハラ発言をして、反応を楽しんでいる女性ファンは多いですね。これはAKB48グループに限らず、ほかのアイドルでもよくある話です」(同)

 そういった女性ファンは、メンバーに関するデリケートな情報を拡散させてしまうこともある。

「女性ファンということで気を緩めてしまうアイドルも少なくない。一部の女性ファンは、そういったアイドルたちからブラジャーのサイズや生理がいつ来たかとか、そういった情報を聞き出し、SNSなどで拡散するんです。学校名や住んでいる地域など、プライベートな情報も女性ファンを経由して流出してしまうケースがあります。空気が読めないセクハラ男ヲタよりも、こういう女性ファンのほうがアイドルにとってはかなり危険な存在です」(同)

 女性ファンが増えることを喜ぶアイドルも多いが、その中に極悪ファンが含まれているかもしれないことを、しっかり知っておく必要がありそうだ。
お名前
KEY

[2660]アイドルに中出し  From: まゆ(13歳)  on 2017/10/18 17:05:59  
「今、妊娠5カ月です。お相手の方とは今年からお付き合いを始めました。年内には一緒に住んでタイミングを見て籍を入れたいと思っていたところ、子供ができたとわかって。『人生でいちばん幸せだなあ』って感じています」

そう語るのは、アイドルグループ・Berryz工房でセンターを務めた菅谷梨沙子(23)。'04年の結成から11年間続いたグループが'15年3月に無期限活動停止。発表後は約2年間、芸能活動を休止していた。だが今年に入り、公式インスタグラムを開設。イベントにも出演するなど活動を再開していた矢先、突然の“できちゃった婚”を本誌に独占告白したのだ。

「メンバーにはまだ報告していません。すごくビックリするでしょうね。入籍発表の前には報告しようと思っています」

気になるお相手は、都内で働く20代の一般男性。出会ったきっかけは、友人との食事会だった。

「会って2度目で『きっと、この人と一緒に生活していくんだろうなあ』という将来のビジョンがちゃんと見えたんです。不思議な感覚でした。まったくケンカをしたことがないので、本当に相性がいいんだろうなあって思います(笑)」

交際を始めて半年足らずで妊娠が発覚したことについて、「ただただ嬉しかったです。昔から20代のうちに結婚して子供が欲しいと思っていたので」と振り返る菅谷。母親になる喜びについてもこう語る。

「エコーで初めて赤ちゃんを見たとき、まだ小さいのにちゃんと心臓が動いていて。言いようがないほど感動しました。彼に妊娠を告げたとき『もう少し戸惑うかなあ』と思っていたけど、まったくそういう素ぶりは見せなくて。とても喜んでくれました」

ハロー!プロジェクト・キッズの一員となったのは、8歳のときだった。「このお仕事をしてきたおかげで出会えた人もたくさんいますし、歌を歌うことは自分がやりたかったことなので、この世界に入ったことを後悔していません」と語る。だがいっぽうで2年前にグループ活動停止が決定したとき、「ホッとした部分もあった」と明かす。それだけ仕事のプレッシャーを抱えていたようだ。

「今回このような決断に至ったことで、仕事関係者の皆様やスタッフの方々にご迷惑をかけてしまったことは反省しています。でも活動休止後にほかのメンバーがすぐに仕事を始めるなか、私は何をやりたいのかわからなかった。このまま辞めてふつうの女の子の幸せを手にしたいと考えることもあったんです」

そう語ると、うっすらと涙を浮かべた菅谷。そこで「これまで支えてくれてきたファンに対して自ら告げたいことは?」と聞くと、こう答えた。

「突然のことで大変驚かれる方、結婚前の妊娠をあまりよく思わない方、さまざまな反応があって当然だと思います。今回のことがきっかけで離れていくファンもいるかもしれません。そこは私もちゃんと受け止めていかなければならないと思っています。それでも『これからも応援してくださるファンがいる』と信じて、私らしく前を向いて進んでいけたらいいなと思います」

最後に、将来への希望や夢についても聞いてみた。

「まずは出産と育児がありますので、活動はしばらくお休みになります。でも2年間休んでいる間に『私はやっぱり何か表現することが好き』と気づかされました。その何かを見つけて、いつか夢を叶えることができたらと思っています」

今後は時期を見て入籍する予定だという。アイドルからママへ、その道は平坦なものではないかもしれない。しかし愛する男性との未来に賭けた一人の女性として、幸せを噛みしめつつ新たなスタートラインに立とうとしている――。


(品川@主宰)
 Berryz工房・菅谷梨沙子が妊娠。相手は元吉本芸人「スーパーノヴァ」橋本拓也と言われている。

ローティーン地代は日本一可愛いJSだったが・・
https://gekiura.com/press/risako.jpg

現在
 https://gekiura.com/press/risako1.jpg
 https://gekiura.com/press/risako2.jpg

ハロプロのアイドルグルーBerryz工房でセンターの人気だったが2015年に活動休止。今年に入り公式インスタを開設するなどBerryz工房復活を言われていた矢先の妊娠。

子供の父親は吉本芸人スーパーノヴァ橋本拓也と言われているが、妊娠発覚後コンビ解散し引退。橋本は以前よりハロプロファン、橋本が菅谷にインスタでDMを送り、今年から交際が始まった模様。
  https://gekiura.com/press/risako2.jpg

仕事も金もな元芸人とのデキ婚、復活を待ち望んでいた菅谷ファンは悲しみにつつまれているようだ。
(2017/10/19 10:50:07)
お名前
KEY

[2659]7.1%って 健闘したほうなのかなぁ??  From: 品川@主宰  on 2017/10/18 11:53:20  
格闘技大会「RIZIN FIGHTING WORLD GP 2017 バンタム級トーナメント&女子スーパーアトム級トーナメント 1ST ROUND -秋の陣-」が10月15日、マリンメッセ福岡で開催された。
フジテレビ系ではゴールデンタイムで放送し、そのうち2試合が生中継され話題となった。

今回生中継されたのは、第15試合のスペシャルワンマッチ、那須川天心対藤田大和戦と、メインイベントとなった第16試合のRENA対アンディ・ウィン戦。
キックボクシング、総合格闘技ともにプロデビュー以来負けなしの“神童”那須川天心は、判定で藤田に勝利。
女子スーパーアトム級トーナメントの1回戦となったメインイベントでは、優勝候補のRENAが1ラウンドTKO勝ちを収めた。

那須川天心、RENAというスター選手が勝利した一方で、元レスリング世界王者の山本美憂とその息子である山本アーセンは敗北。
また、かつてK-1で活躍したジェロム・レ・バンナは総合格闘技復帰戦となったが、ロッキー・マルティネスに敗北を喫した。

新旧格闘界のスターが出場し、それぞれ明暗を分ける結果となった今大会。Twitterでは、

“那須川天心ドラゴンボールみたいで本当かっこいい でもMMAよりやっぱキックルールで見たい”
“生中継の2試合は凄かったです。天心vs大和は名勝負でしたね。
RENAvsウィンはRENAの怒りの左ボディが炸裂しましたね。
一方、桜庭vsシャムロックが放送されなかったのは納得いきません”

などのコメントが見受けられ、テレビ中継で楽しんでいたネットユーザーも多く、格闘技ブーム再燃の兆しは見え始めている。しかし、一方では、

“地上波ゴールデンでこんな塩試合たれ流してまたMMAブームが来るとでも思ってんのか”
“高田と運営が日本人スターを無理やり作り出そうとしてるが、そんなんしてたら総合ブームの再来はないぞ。 ずっとヌルい試合ばっかり。 噛み合わんとかのレベルじゃない。”

と、全体的に試合のレベルがあまり高くなかったという、格闘ファンからの厳しい声も相次ぎ、まだまだこれからといった印象もある。

今回のテレビ中継の平均視聴率は7.1%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)。格闘技ブームの再来と呼ぶには、もう少し時間がかかりそうだ
お名前
KEY

[2658]逃げとく  From: 品川@主宰  on 2017/10/18 11:52:03  
ひろゆき氏の方法はもう終わり? 賠償金「踏み倒し」撲滅へ、法制度見直し議論

これでは逃げ得ではないのかーー。長い裁判の末に勝ち取った勝訴判決。しかし、裁判所がどれだけ高額の賠償金を命じても、実際に払われるかどうかは分からない。相手が支払わなかったとしても罰則はないし、強制執行にも限界があるからだ。

たとえば、2ちゃんねるの創設者・ひろゆき氏は今年5月、AbemaTVの番組「エゴサーチTV」の中で、30億円ほどあった損害賠償を無視し続け、踏み倒したことを明かしている。

このほか、日弁連が2015年に行ったアンケート調査では、殺人などの重大犯罪について、賠償金や示談金を満額受け取ったという回答はゼロ。6割の事件では、被害者側への支払いが一切なかったというデータもある。離婚の際、子どもの養育費について取り決めたのに、約束が果たされないというのもよく聞く話だ。

こうした「踏み倒し」「逃げ得」を防ぐため、現在、法務省では「民事執行法」の見直しが検討されている。今年9月には、中間試案が取りまとめられ、相手の財産を把握しやすくすることなどが提言された。11月10日まで、パブリックコメントも募集中だ。

一体、どうして踏み倒しが起きるのか。どういう見直しが必要になるのか。中間試案について、宇田幸生弁護士に聞いた。

強制執行しようにも調査権限は貧弱…

ーー賠償金を支払わなくても、本当にペナルティはない?

原則としてペナルティはありません。ただし、判決等に賠償金以外に完済までの遅延損害金の支払いも命じている場合には、賠償金の支払いを終えるまで遅延損害金が日々発生していくことになります。

ーー支払いがない場合、どういう対応をするのか?

判決等で賠償金の支払い義務を負うことになった相手(債務者)が自主的に支払いをしない場合、確定判決を得た者(債権者)は「強制執行」の申し立てを裁判所に行います。

そして、裁判所の命令によって債務者の財産を強制的に差し押さえ、現金化するなどして判決内容に書かれた金額の取り立て(債権回収)を実現することになります。

ーー強制執行をすれば、債権を回収できる?

裁判所の判決は、「強制的に債務者の財産から取り立てをして良い」といういわば許可書でしかないため、差し押さえるべき財産を「債権者自ら」探し出す必要があります。しかし、債権者には警察のような捜査権限がなく、十分な調査ができないのが現状です。

この点、調査をする一つの手段として債務者から自主的に財産内容の申告を求める「財産開示手続」(民事執行法196条以下)という制度はあります。しかし、強制執行がうまくいっていない(不奏功)ことや、既知の財産への強制執行では全額を回収できないことなどを、債権者側がまず裁判所に説明しなければならず、手続き要件が厳しいのが難点です。

また、手続きの行なわれる期日に債務者が出頭しなかったり、虚偽の財産内容を債務者が説明したりした場合であっても、制裁自体が30万円以下の過料に留まっていることも問題です。もともと賠償金を支払わない債務者に対して、改めて過料の制裁を科しても、あまり効果的ではないからです。

そして、このような財産開示制度を利用したとしても、差し押さえるべき財産が見つからなかった場合、あるいは、そもそも財産が何もなかったような場合には、判決があったとしても、結局、取り立てはできないことになります。これではせっかく苦労して勝ち取った判決も「紙切れ」と言わざるを得ません。

ーーさらに時効もあるとか…

判決で確定した請求権といえども10年で消滅時効にかかるため(民法174条の2)、10年が経過する前に改めて裁判を起こすなどして時効を中断する必要があります。

ただ、改めて裁判を起こす場合には手数料も必要となります。たとえば、1億円の賠償金請求の場合、32万円もの収入印紙を改めて裁判所に納めなければならないのです。

現在、罰則に懲役刑の追加や調査権限の強化などが検討されている

ーー法務省では制度の見直しが検討されている

2017年9月に発表された民事執行法の改正に関する中間試案では、(1)先ほど指摘した「財産開示手続」について申し立ての要件を軽減したり、(2)出頭しない債務者を強制的に裁判所に連行したり、あるいは、(3)罰則に過料だけでなく懲役刑をも加える等、手続きの実効性を向上させるための方策が様々検討されています。

また、(4)銀行などの金融機関や公的機関から債務者の財産に関する情報を取得する制度を新たに創設しようという検討もされています。これらの制度が実現すれば、債務者の財産調査がこれまでよりは容易になり、賠償金の現実的な回収に繋がるのではないかと期待されます。

ただ、さらなる理想を言えば、(a)判決自体に債務者の財産調査のための強制的な捜索権限を付与する、(b)取り立てが困難な場合には国がその立て替えを行い債務者に求償する、といった抜本的な法整備をすることが望まれます。そもそも、支払うべきお金を持っていないというケースもあるためです。

ちなみに、北欧のノルウェーでは、犯罪被害者のために賠償金を国が立て替え、その取り立てを加害者に対して国が直接行なう「回収庁」と呼ばれる役所があります。同国では、国民総背番号制によって加害者の財産捕捉が容易になっており、国による加害者への求償も効果的に進められていると言われていますので、抜本的な制度改革の一つの参考になると思われます。

ーー回収だけに重きを置くと、弊害も起こるのでは?

もちろん、債務者といえども最低限度の生活を保障しなければなりません。その観点から、差し押さえが禁止されている財産があります。たとえば、生活に欠くことができない衣服や寝具、1か月の生活に必要な食料や燃料等です(民事執行法131条)。

その他にも、差し押さえが禁止されている債権があります(民事執行法152条)。たとえば、給料や賞与については、その支払期に受けるべき金額のうち原則として4分の3(養育費等の扶養料債権の取り立てのために債務者の給与等を強制執行する場合は2分の1)に相当する部分については差し押さえが許されません。

これら規定によって、債務者には最低限度の生活保障がされているものの、たとえば、債務者の給料収入が余りにも少ない場合、原則どおりの差し押さえ禁止の範囲では最低限度の生活すらできないことも想定されます。このような場合、債務者は「差押禁止債権の範囲の変更」の申し立てをすることによって、差し押さえの一部取り消しを求めることができます(民事執行法153条)。

しかし、日々の生活に事欠く状態の債務者であれば、裁判所に差し押さえの取り消しを求めている時間的余裕がないのが一般です。そこで、中間試案では、財産開示制度の強化など、債権者の地位が強化されることとのバランスから、債務者保護のために「差押禁止債権」の拡大をする方向での検討もされています。たとえば、支払期に受けるべき金額のうち、一定の金額までは全額差し押さえを禁止するというような考え方です。

ただ、債務者の生活保障を重視するあまり、債権回収の実効性が骨抜きとなってしまっては本末転倒です。あくまでも債権者の権利保全を原則とした上での慎重な議論を期待してやまないところです。

宇田 幸生(うだ・こうせい)弁護士
愛知県弁護士会犯罪被害者支援委員会前委員長。名古屋市犯罪被害者等支援条例(仮称)検討懇談会座長。殺人等の重大事件において被害者支援活動に取り組んでおり、近時出版した著作に「置き去りにされる犯罪被害者」(内外出版)がある。
お名前
KEY

[2656]今日一番のニュースだよね  From: 品川@主宰  on 2017/10/18 11:34:55  
タレントの土田晃之さん Uターンで接触事故「対向車が見えなかった」

人気お笑いタレントの土田晃之さん(45)が車を運転中、接触事故を起こしていたことがわかった。
お笑いタレントの土田晃之さんは、10月13日午後7時半ごろ、東京・江東区の交差点を乗用車でUターンしたところ、前から来た対向車と接触した。

土田さんの車は、対向車の後方にぶつかったが、けが人はいなかった。

当時、信号は青だったが、雨が降っていて、土田さんは「対向車が見えなかった」と話しているという。
警視庁は、事故の状況をくわしく調べている


(よしみ。)
できなかった (2017/10/18 11:46:59)
お名前
KEY

[2657]ブラックホーク・ダウン 好きです  From: 品川@主宰  on 2017/10/18 11:38:23  
空自ヘリUH-60J墜落か=海上で機体の一部発見−静岡・浜松

 17日午後6時ごろ、浜松市から約30キロ南の沖合で、航空自衛隊浜松基地所属のUH60Jヘリコプターがレーダーから消えた。海上では部品らしき物が発見され、墜落した可能性がある。

防衛省によると、ヘリは当時、夜間の救難訓練を行っており、乗員4人が乗っていた。自衛隊のヘリが捜索に当たっている
------------------

UH-60Jは、アメリカ合衆国のシコルスキー・エアクラフトが開発したUH-60 ブラックホークを日本が救難目的に独自改良した救難ヘリコプター[1]。三菱重工業がライセンス生産を行っている[1]。隊員からはロクマルという通称で呼ばれている。
この項目では航空自衛隊と海上自衛隊に配備されているUH-60Jの他、陸上自衛隊向けの多用途ヘリコプターUH-60JAについても述べる。

『ブラックホーク・ダウン』(Black Hawk Down)は、2001年のアメリカの戦争映画。監督はリドリー・スコット、プロデューサーはジェリー・ブラッカイマー、主演はジョシュ・ハートネット。実際にソマリアでおこった壮烈な「モガディシュの戦闘」(米軍を中心とする多国籍軍とゲリラとの市街戦)を描いている。
作品には、劇場公開版と、これに7分半の映像を加えた完全版「スペシャル・エクステンデッド・カット」がある。

「ブラックホーク」とは、米軍の汎用ヘリコプターUH-60 ブラックホークの強襲型、「MH-60L ブラックホーク」の事である。キャッチコピーは「あなたはこの戦争に言葉を失う。しかし、知るべき時が来た。」
------------------
ジェリー・ブラッカイマー(Jerry Bruckheimer, 本名: Jerome Leon Bruckheimer, 1945年9月21日 - )は、映画プロデューサー・テレビプロデューサー。アメリカ合衆国ミシガン州デトロイト生まれ。ドイツからのユダヤ人移民の子孫で、本来の発音はブラックハイマー(ドイツ語読みはブルックハイマー)だが、1980年代の映画公開資料で誤った片仮名表記がそのまま使われている。

幼いころ写真好きのおじにカメラをもらってから写真に熱中するカメラ狂で、至る所でスナップ写真を撮っていた。コンテストにも応募しており、高校生の時にはコダックのコンテストで優勝した。アリゾナ大学で心理学を専攻。卒業後、ニューヨークに移り広告代理店のメール室で働いたが、すぐにコマーシャル・フィルムの製作に従事し、映画制作のきっかけをつかんだ。CF監督として数々の賞を受賞したブラッカイマーはロサンゼルスに移り映画製作に身を投じた。
お名前
KEY

[2655]共産主義ってすげぇな   From: 品川@主宰  on 2017/10/18 11:15:13  
中国共産党大会が開幕、習氏が活動報告へ−党規約改正などに注目

中国で最も重要な政治イベントである共産党大会が18日、開幕を迎える。習近平総書記(国家主席)が自身の後継者候補を指名するかどうかが大会を通じて示唆される可能性がある。

  党大会は習総書記による活動報告で始まる。報告には習氏が2012年に総書記の座に就いてからの業績や、党建設、経済、軍事などさまざまな分野に関する同氏のビジョンが盛り込まれる見通しだ。

 24日まで1週間の会期中、2000人余りの代表が活動報告と党規約改正について議論し、承認する。

 習氏の権力の大きさを測る一つの手掛かりは、18日の演説で同氏の政治思想がどういった言葉で表現されるかだ。党規約改正で習氏の政治思想が同氏の名前付きで指針として盛り込まれれば、現役指導者の扱いとして毛沢東以来となる。


(品川@主宰)
陳情者連行/活動家は地方へ「旅行」

 中国共産党第19回大会が18日に開幕するのを前に首都・北京で警備態勢が強化されている。人権活動家らが地方への「旅行」を強制されているほか、全国から集まった陳情者も地元の警察当局が次々と連行。党幹部の汚職疑惑に関する話題に言及したSNSのグループ管理者が拘束されるなど、当局は党への異論を徹底的に封じ込めている。

道路沿いに公安車両

 「どけ、どけ」。17日午前、陳情を受け付ける信訪局の入り口付近では、制服姿の警備員数十人が全国から集まった陳情者らを追い立てていた。周辺は陳情者のほか、顔見知りの陳情者を連れ戻すため北京に来た地方の私服警察官、陳情の「代行」をうたう業者ら計数百人が入り乱れ、道路沿いには黒竜江省や山東省など地方ナンバーの公安車両が並ぶ。多くの荷物を抱えた中年の女性は当局者から現場を離れるよう求められ、むせび泣きながら姿を消した。

 河北省石家荘市から来たという初老の男性は「私は軍事パレードにも参加したことがある元軍人だ。当局の回答待ちだから詳しいことはまだいえないが、結果が納得できなければ全部ぶちまけるよ」と話した。

劉霞さんも北京離れる

 北京在住の著名な人権活動家、胡佳氏(44)は16日に北京を離れ内陸部の雲南省大理に到着した。党大会期間中は警察官同行の「旅行」を強制されている。警察の特別警戒期間は今月28日までで、胡氏が北京に戻るのは今月末になりそうだという。

 ノーベル平和賞を受賞した中国の民主活動家で今年7月に死去した劉暁波氏の妻、劉霞さん(56)も、自宅のある北京を離れているもようだ。関係者によると劉暁波氏の葬儀後、当局は劉霞さんを外部と接触させないよう雲南省に連行していたが9月には自宅に戻っていた。香港の中国人権民主化運動ニュースセンターは16日、劉霞さんが再び当局に「旅行」に連れて行かれたとの親類の話を報じた。

 このほか、浙江省麗水市の鉄道駅で人権活動家の男性が当局に連行されるなど、活動家が拘束されるケースも相次いでいる。

厳しさ増す言論統制

 インターネットの言論統制も厳しさを増している。9月上旬には中国の無料通信アプリ「微信」などで「環球実報」と名付けたグループを運営し、国外の報道や情報などを発信する場にしていた北京市の男性が当局に拘束された。米国に亡命した富豪、郭文貴氏が発信している王岐山・党中央規律検査委員会書記に関する汚職疑惑を扱ったことが問題視されたとみられる。国家インターネット情報弁公室はその直後、SNSのグループで違法な情報が発信された場合、管理者の責任を問うとする新規則を公表した。環球実報の参加者は数千人以上に達し、多数が警察から事情を聴かれたとされる。

 胡佳氏は「当局は恐怖によって敏感な話題を議論させないようにしている」と指摘した。
(2017/10/18 11:23:46)
お名前
KEY

[2653]燃えますねぇ  From: 品川@主宰  on 2017/10/18 11:05:09  
ヤマカンこと山本寛監督がテレ東とWUG製作委員会に「通告」 テレ東は「製作委員会で協議中」とコメント

 アニメ「Wake Up,Girls!」で原案・監督を務め、その続編にあたる「Wake Up,Girls! 新章」で事実上の降板となったヤマカンこと山本寛さんが、自身のクレジットをめぐりテレビ東京と同作製作委員会に対し説明を求める「通告」を表明。また炎上の兆しを見せています。

ヤマカンがテレ東とWUG製作委員会に「通告」 テレ東は「製作委員会で協議中」とコメント

 山本さんはブログ上で、自身が「辛矢凡」名義で作詞を手掛けた楽曲「タチアガレ!」「7 Girls War」が「新章」第1話で使用されたにもかかわらず、そのクレジットが本編中に表記されなかったことを問題視。放送局であるテレビ東京と、制作責任者である「Wake Up,Girls!3製作委員会」から「『理のかなった』回答がなかった場合」、10月17日以降同氏が手掛けた楽曲の使用を一切認めないと主張しています。

 法的手続きについても「今後迅速に進めて参ります」としており、Twitter上で弁護士と連絡を取っている旨を報告しています。

弁護士と連絡を取っていると報告する山本さん

 ねとらぼ編集部がテレビ東京に取材を行ったところ、「現在、製作委員会において、協議させて頂いております」とのコメント。現在別途、製作委員会代表のエイベックス・ピクチャーズにも取材を申請中です。

【10月17日19時8分追記:エイベックス・ピクチャーズから「現在、製作委員会において協議中であり個別に回答を致すことは差し控えさせていただきたく存じます」という回答がありました】

エイベックス・グループ・ホールディングス社長に直接リプライする山本さん【※10月17日3時14分追記:当初「エイベックス・ピクチャーズ社長」と誤って記載していました。お詫びして訂正いたします】

 山本さんは2014年〜2015年末にかけてリリースされた「Wake Up,Girls!」の劇場3作品とTVシリーズ12話を監督。続編の監督にも期待が集まりましたが、2016年5月に「余りに理不尽な事案」が重なり体調不良に陥ったため無期限休養を取ると宣言(関連記事)。その後、12月に「Wake Up,Girls! 新章」が発表され、監督が山本さんから板垣伸さんに変更になったことが伝えられました(関連記事)。

 山本さんは8月に芸能事務所入りを報告して世間を驚かせつつ(関連記事)、徐々に仕事を再開。2017年2月には新たな監督作となる「薄暮」を告知し、クラウドファンディングで2100万円以上を集めるなど、今後の動向に注目が集まっていました。

ヤマカンがテレ東とWUG製作委員会に「通告」 テレ東は「製作委員会で協議中」とコメント
「みんなで ひとつ」がキャッチコピーの「WUG! 新章」(画像はWUG!ポータルより)

 「Wake Up,Girls! 新章」の放送が近づいてからは、山本さんの「Wake Up,Girls!」新体制に対する不満が表面化。同作に対する批判的なツイートを連日リツイートし続けているほか、「新章」第1話放送の裏で旧作スタッフを集めた生放送を配信し、作品の問題点を指摘するなど、円満な降板でなかったことを随所に滲ませていました。
お名前
KEY

Log Pager :  1 2 3 4 5 6 File - [ 15件/page +10 -10, max: 80件 ]
- ErialBBS 4.42 - , based on petit 4.02